リュカーオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼウスの怒りによって狼に変えられたリュカオーン(16世紀の画)

リュカーオーン古希: Λυκάων, Lykāōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してリュカオンとも表記される。同名の人物が複数知られ、

の他に数名が知られている。

アルカディアの王[編集]

このリュカーオーンは、ペラスゴスオーケアノスの娘メリボイア、ニュンペーキュレーネー[1]、あるいはデーイアネイラの子で[2]、多くの女性との間にカリストーと50人の子をもうけた。

リュカーオーンはアテナイケクロプスと同時代の人間で、アルカディアに地上で最初の都市リュコスーラを建設し、リュカイオン山でゼウス・リュカイオスの祭祀を行い、リュカイア競技祭を創設した。しかしリュカーオーンは人間の赤子を殺してゼウスを供犠したため、怒ったゼウスによってに変えられた[3]

リュカーオーンの子供たち[編集]

あるいはリュカーオーンは邪悪な人物で、訪れたゼウスが神であるか試そうとし、眠っているときに殺そうとしたり、人質の男を殺して料理として出した。怒ったゼウスはリュカーオーンの一族を雷で滅ぼし、逃げたリュカーオーンを狼に変えた[4]

別の話ではリュカーオーンの子供たちは傲慢だったので、ゼウスは人間に化けて彼らを試すために訪問した。彼らはゼウスを招きいれたが、子供の1人マイナロスが人肉でもてなすことを提案したので、アルカディアの少年を殺し、料理に混ぜてもてなした。ゼウスは怒って料理が置かれたトラペザ(机)を倒し、リュカーオーンと子供たちを雷で滅ぼした。しかしガイアがゼウスを止めたため、末子のニュクティーモスのみ助けられた。ニュクティーモスはアルカディアの王位を継いだが、リュカーオーンの子供たちが原因でデウカリオーン大洪水が起こった[5]

またリュカーオーンの子供たちはアルカディアの多くの町を建設し、オイノートロスはイタリアに移住したという[6]。しかしイタリアに移住したのはイアーピュクス、ダウニオス、ペラケティオスともいう[7]

リュカーオーンのたった一人の娘カリストーは父親や兄弟たちとは似ても似つかぬ清純で美しい乙女だったが、彼女もまた動物に変えられる運命にあった。カリストーの項目を参照。

系譜[編集]

ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ゼウス
 
ニュクティーモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレウス
 
イスキュス
 
コローニス
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネアイラ
 
 
 
 
 
 
 
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘラクレス
 
アウゲー
 
リュクルゴス
 
ケーペウス
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレポス
 
 
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュピュロス
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
 
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ギャラリー[編集]

プリアモスの子[編集]

このリュカーオーンは、トロイア王プリアモスとラーオトエーの子で、ポリュドーロスと兄弟。

トロイア戦争では、プリアモスの果樹園でアキレウス夜襲に遭い、捕虜となった。リュカーオーンはパトロクロスによってレームノス島の王エウネーオスに売られ、アキレウスは百頭のと同じ価値があるの混酒器を得た。リュカーオーンは両親と親しいインブロス島の王エーエティオーンがその3倍の身代を払ってくれたので自由となり、トロイアに戻って11日の間は平穏に暮らした。しかし12日目、パトロクロスの死によってアキレウスが戦場に復帰したとき、多くのトロイア兵とともにスカマンドロス河に追い落とされた。アキレウスは敵の中にリュカーオーンがいるのを見つけ、それに気づいたリュカーオーンはアキレウスに命乞いをしたが殺された[8]

その他のリュカーオーン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻8・1。
  2. ^ ハリカルナッソスのディオニュシオス
  3. ^ パウサニアス、8巻2・1~2・3、38・1。一説に古代ローマルペルカーリア祭はリュカイア競技祭に由来するという(プルタルコスロームルス伝」21)。
  4. ^ オウィディウス『変身物語』1巻。
  5. ^ アポロドーロス、3巻8・1~8・2。ヒュギーヌス、176。
  6. ^ パウサニアス、8巻3・1~3・5。
  7. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、31。
  8. ^ 『イーリアス』21巻34~134。
  9. ^ 『イーリアス』2巻、5巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]