アーエロペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーエロペーとテュエステース

アーエロペー古希: Ἀερόπη, Āeropē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアエロペとも表記する。主に、

の2名が知られている。以下に説明する。

カトレウスの娘[編集]

このアーエロペーは、クレータ島の王カトレウスの娘で、クリュメネーアペーモシュネーアルタイメネースと兄弟[1]プレイステネースあるいはアトレウスとの間にアガメムノーンメネラーオス、アナクシビアーを、テュエステースとの間にタンタロス、プレイステネースを生んだ。

神話[編集]

父カトレウスは、自分の子供の誰かに殺されると神託予言された。それを知ったアルタイメネースとアペーモシュネーはクレータ島を去り、さらにカトレウスはアーエロペーとクリュメネーを異国に売り飛ばしてもらおうとナウプリアの王ナウプリオスに引き渡した[2]。一説にアーエロペーが奴隷と通じたため、海で溺死させるためにナウプリオスに引き渡したともいわれる[3]。しかしナウプリオスはアーエロペーをプレイステネースに与え、アガメムノーンとメネラーオス[4]、さらに娘アナクシビアーを生んだが、プレイステネースは若くして世を去ったため、後にアトレウスの妻となったという[5]。しかし悲劇作品ではアトレウスとの間にアガメムノーンとメネラーオスを生んだといわれている。

その後、アーエロペーはアトレウスの兄弟テュエステースと姦通し、アトレウスが大切に保管している金羊毛の仔羊の毛皮を盗んでテュエステースに与えた。テュエステースはこの毛皮を用いてアトレウスを陥れ、ミュケーナイの王権を得ようとしたが、ゼウスヘルメースを遣わして阻止した[6]。妻の姦通を知ったアトレウスは後にテュエステースに復讐するため、アーエロペーとテュエステースの子タンタロスとプレイステネースを殺してその食卓に出したという[7]

系図[編集]


 
 
 
 
エウローペー
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
タンタロス
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュアレー
 
カトレウス
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーリーオーン
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
 
 
 
 
クリューシッポス
 
ピッテウス
 
テュエステース
 
ニーキッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
クリュタイムネーストラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アイトラー
 
アイギストス
 
エウリュステウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレステース
 
イーピゲネイア
 
エーレクトラー
 
ヘルミオネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 



ケーペウスの娘[編集]

このアーエロペーは、アルカディアのテゲアーの王アレオスの子ケーペウスの娘で、アレースの子アーエロポスの母。アーエロペーはアレースに愛されて子を身ごもったが、出産のさいに死んだ。しかし赤子が死んだ母にしがみつくのでアレースはアーエロペーの乳房から母乳をあふれ出させ、赤子はそれを飲んだ。そこで人々は子をアーエロポスと名づけ、アレースをアプネイオス(「恵み豊かな神」の意)と呼んでクレーシオン山に聖域を設けたという[8]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻2・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻2・2。
  3. ^ エウリーピデース『クレータの女たち』断片(ソポクレースアイアース』古註、1297)。
  4. ^ アポロドーロス、3巻2・2。
  5. ^ クレータのディクテュス、1巻1。
  6. ^ アポロドーロス、摘要(E)2・10~2・12。
  7. ^ ヒュギーヌス、88、246。ただし、プレイステネースはアトレウスの子ともいう(ヒュギーヌス、86)。
  8. ^ パウサニアス、8巻44・7~44・8。

参考文献[編集]