アレオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレオス古希: Ἄλεος, Aleos, 英語: Aleus)は、ギリシア神話に登場する人物で、アルカディアの町テゲアーの王である。アペイダース(アルカスの子)の子で、ステネボイアと兄弟。ペレウスの娘ネアイラを妻とし、1女アウゲーと、2人の息子ケーペウスリュクールゴスをもうけた。またアムピダマースをアレオスの子に加えることもある。

アレオスはテゲアーのアテーナー・アレアー神殿の創設者とされ、娘のアウゲーもこの神殿に仕える女神官であったといわれる。

神話によるとあるときテゲアーの大地が実らなくなるという異変が起こった。神託によると、アテーナーの神域内での涜神行為が原因であると告げられた。そこでアレオスが神域を調べると、アウゲーが密かに赤子を生み、それを隠していたことがわかった。アウゲーはヘーラクレースに襲われ、この赤子(テーレポス)を身ごもったのであった。アレオスはすぐに赤子をパルテニオン山に捨て、アウゲーをナウプリオスに引き渡し、他国に売りとばすよう依頼した。

アウゲーはミューシアの王テウトラースの手にわたり、テウトラースは彼女を妻、あるいは養女とした。テーレポスも無事に成長し、後にミューシアで母と再会したとされる。

系図[編集]

アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレウス
 
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネアイラ
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘラクレス
 
アウゲー
 
リュクルゴス
 
ケーペウス
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレポス
 
 
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュピュロス
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


参考文献[編集]