プロイトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロイトス古希: Προῖτος, Proitos)は、ギリシア神話の人物で、ティーリュンスの王である。アルゴスアバースとマンティネウスの娘アグライアーの子で、アクリシオス双子の兄弟。

リュキアイオバテースあるいはアムピナクスの娘[1]アンテイア[2]、あるいはステネボイアとの間に[3]リューシッペーイーピノエーイーピアナッサメガペンテースをもうけた[4]。ステネボイアはアペイダースの娘ともいわれる[5]。またプロイトスの娘はエレゲー、ケライネーともいわれる[6]

系図[編集]


リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュンケウス
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
イオバテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクリシオス
 
プロイトス
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
リューシッペー
 
 
 
 
 
メガペンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アナクシビアー
 
ペリアース
 
アナクサゴラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
 
 
 



神話[編集]

アクリシオスとの対立[編集]

プロイトスとアクリシオスは生まれる前から母の胎内で争い、成長すると王位をめぐって戦った[1]。一説にこの戦いはプロイトスがアクリシオスの娘ダナエーを穢したことが原因であるという[7]。しかしプロイトスは敗れてアルゴスを追放され、リュキア王イオバテースのもとに身を寄せ、イオバテースの娘と結婚した。プロイトスはイオバテースのリュキア軍とともにアルゴスに帰還してティーリュンスを得、キュクロープスたちが城壁を築いた[8]

パウサニアスによれば、プロイトスとアクリシオスの戦争は勝敗がつかなかったため[9]、両者は土地を分け合い、アクリシオスはアルゴスを、プロイトスはティーリュンス、ミデア、ヘライオン[10]、あるいはさらにコリントスを支配した[11]。またこの戦いで楯が発明されたという[12]

娘たちの狂気[編集]

プロイトスの娘たちは成長すると、ヘーシオドスによればディオニューソスの祭を拒んだため、アクーシラーオスによればヘーラーの木像をばかにしたために狂気し、そのため彼女たちはペロポネーソス放浪した[4]アイリアノスによれば彼女たちはアプロディーテーによって狂気させられ、裸のままペロポネーソスを放浪した[6]。そこで予言者メラムプースはプロイトスに国土の3分の1を報酬に彼女たちの治療を申し出た。プロイトスは報酬が莫大なので拒否すると、娘たちの狂気はさらにひどくなり、国中の女たちに広がり、子を殺し、家を捨てて放浪した。このためプロイトスは条件を飲んでメラムプースに治療してもらおうとした。しかしメラムプースは兄弟のビアースのためにさらに3分の1の国土を要求した。プロイトスがそれにしぶしぶ同意すると、メラムプースは若くたくましい男たちを率いて、女たちを山からシキュオーンに追い立てた。このとき長女のイーピノエーが死んでしまったが、残る2人はメラムプースに癒され、プロイトスはメラムプースとビアースに報酬と、さらに娘たちを妻として与えた[4]

ベレロポーン[編集]

後にプロイトスは殺人の罪でコリントスを追放されたベレロポーンの罪を浄めた。このときプロイトスの妻はベレロポーンに恋し、誘惑の手紙を送った。しかしベレロポーンが断ったため、彼女はプロイトスにベレロポーンが自分を誘惑する手紙を送ってきたと讒言し、殺すよう言った。プロイトスはこれを信じたが自分で殺そうとはせず、義父のイオバテースにベレロポーンを殺してほしいと手紙を書き、それをベレロポーンに渡してイオバテースの使いに出した。手紙を読んだイオバテースはベレロポーンにキマイラ退治などの難題を課し、それを見事に成し遂げたのを知ったとき、自分の娘と結婚させた[13]

プロイトスの妻ステネボイアはベレロポーンの結婚を知って自殺したとも[14]、ベレロポーンに殺されたともいい[15]、プロイトス自身はペルセウスに殺されたともいう[16]

なお、コリントスにはプロイトスが創建したとされるアポローン神殿が、シキュオーンにはヘーラー神殿があったという[17]

その他のプロイトス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、2巻2・1。
  2. ^ 『イーリアス』6巻。アポロドーロス、2巻2・1。
  3. ^ エウリーピデース『ステネボイア』古伝概概。アポロドーロス、2巻2・1。ヒュギーヌス、57、243。
  4. ^ a b c アポロドーロス、2巻2・2。
  5. ^ アポロドーロス、3巻9・1。
  6. ^ a b アイリアノス『ギリシア奇談集』3巻42。
  7. ^ アポロドーロス、2巻4・1。
  8. ^ アポロドーロス、2巻2・1~2・2。
  9. ^ パウサニアス、2巻25・7。
  10. ^ パウサニアス、2巻16・2。
  11. ^ パウサニアス、2巻4・2。
  12. ^ アポロドーロス、2巻2・2。パウサニアス、2巻25・7。
  13. ^ 『イーリアス』6巻。アポロドーロス、2巻3・1~3・2。ヒュギーヌス、57。
  14. ^ ヒュギーヌス、57、243。
  15. ^ エウリーピデース『ステネボイア』古伝梗概。
  16. ^ ヒュギーヌス、244。
  17. ^ パウサニアス、2巻7・8、12・2。
  18. ^ ロードスのアポローニオス、1巻135~137。
  19. ^ パウサニアス、10巻30・5。
  20. ^ パウサニアス、9巻8・4。
  21. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、29。

参考文献[編集]