コリントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリントス
Κόρινθος
アクロコリントスとアポロン神殿
アクロコリントスとアポロン神殿
所在地
コリントスの位置
コリントス
座標 北緯37度56分 東経22度56分 / 北緯37.933度 東経22.933度 / 37.933; 22.933座標: 北緯37度56分 東経22度56分 / 北緯37.933度 東経22.933度 / 37.933; 22.933
行政
国: ギリシャ
地方: ペロポネソス
: コリンティア県
人口統計 (2001年)
ディモス
 - 人口: 58,523 人
 - 面積: 611.02 km2
 - 人口密度: 96 人/km2
旧自治体
 - 人口: 36,555 人
 - 面積: 102.2 km2
 - 人口密度: 358 人/km2
キノティタ
 - 人口: 29,787 人
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
公式サイト
http://www.korinthos.gr

コリントスギリシア語: Κόρινθος / Korinthos) は、ギリシア共和国ペロポネソス地方にある都市であり、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。コリントス地峡に位置する港湾都市で、コリンティア県の県都である。コリントなどの表記も用いられる。

古代ギリシアにおいてコリントス (Ancient Corinthは、アテナイスパルタと並ぶ主要な都市国家ポリス)のひとつであり、アクロポリスアクロコリントス)には遺跡が残る。古代ローマ時代には属州アカエアの州都として繁栄し、キリスト教文化においてはパウロ書簡の宛先としても知られている。コリントスは戦乱や災害によって幾度もの破壊と再建を経ており、現在のコリントスの市街地は19世紀半ばに新たに建設されたものである。

名称[編集]

現代ギリシャ語での発音は、Ell-Korinthos.ogg [ˈkorinθos][ヘルプ/ファイル]

ラテン語では Corinthus と記された。

日本語文献ではコリンソスコリント、英語に由来するコリンス: Corinth)とも表記される。

地理[編集]

コリント地峡周辺

位置・広がり[編集]

都市としてのコリントスΚόρινθος)は、アテネの西南約78kmに位置する。西のコリンティアコス湾(コリント湾)、東のサロニコス湾に挟まれたコリントス地峡(古名: イストモス)のコリンティアコス湾側に面した港湾都市で、ペロポネソス半島がギリシャ本土に接続する地点にあたる。人口は29,787人(2001年国勢調査)で、ペロポネソス地方ではカラマタに次いで二番目に人口の多い都市である。コリントス市街の北東約3kmには、コリントス地峡を横断するコリントス運河が掘り抜かれている。

現在の港湾都市コリントスの市街地は1858年の大地震後に新たに建設されたものであり、古代以来のコリントス(アルヘア・コリントス、Αρχαία Κόρινθος)は、現コリントス市街の南西約3kmの内陸にある。

自治体(ディモス)としてのコリントス市Δήμος Κορινθίων)は、2011年の全国的な行政区画の再編(カリクラティス改革)に伴い、旧コリントス市を含む5自治体が合併されて拡大された。これによりコリントス市の面積は6倍となった。

地勢[編集]

アクロコリントスからの眺めたコリンティア湾岸の平野

コリントス市は、北にコリンティアコス湾、東にサロニコス湾に面し、海岸沿いから山間部までの広い市域を持つ。

コリンティアコス湾沿いには平野が広がり、人口の多くは市域北部の平野部(コリントス地区、アソス=レヘオ地区)に集まっている。これに対してサロニコス湾側(サロニコス地区、ソリギア地区)は山がちで、平地に乏しい。内陸のテネア地区には盆地が広がっている。

主要な都市・集落[編集]

コリントス市域に含まれる人口2000人以上の都市・集落には以下がある(人口は2001年国勢調査)。

  • コリントス(Κόρινθος : コリントス地区) - 29,787人
  • レヘオ(Λέχαιον : アソス=レヘオ地区) - 3,952人
  • アソス(Άσσος : アソス=レヘオ地区) - 2,458人
  • アティキア(Αθίκια : サロニコス地区) - 2,003人

歴史[編集]

古代ギリシア時代[編集]

アポロ寺院
ピレーネの泉

紀元前9世紀ドーリア人(ドリス人)によって建設され、商業都市として繁栄した。アプロディーテーを守護神としその祭祀で知られる。

「コリントス」は非ギリシア語源の語とみられ、おそらくドーリア人以前の先住民族の語である。ミケーネ文明の頃にはすでに繁栄していたと推測される。神話ではコリントスの創設者はシーシュポスであり、コリントスの王はその子孫であるとされる。神話ではまたイアーソーンメーデイアを離婚した土地ともいわれる。

ペロポネソス半島とギリシア本土をつなぐイストモス地峡に位置するコリントスは、交通と交易の要衝として繁栄し、古典期にはアイギナと並ぶギリシャ世界の経済の中心となった。アテナイテバイの台頭後も、財力でこれらに並んだ。コリントスのアクロポリスには、街の主神であるアプロディーテーの大神殿が築かれた。複数の文献が、この神殿に雇われていた千人の聖娼(遊女)について伝えている。コリントスはまた四大ギリシア競技会のひとつ、イストミア大祭を開催した。

バッキアダイによる寡頭政を経て、紀元前7世紀には僭主キュプセロスペリアンドロス父子により統治され、ふたたび寡頭政に移行した。また、シュラクサイ(現在のシラクサ)を初めとする複数の植民地を建設した。コリントスはペルシャ戦争でのギリシア方の主要ポリスのひとつであったが、後にはこのとき同盟したアテナイと敵対し、スパルタペロポネソス同盟を結んだ。ペロポネソス戦争の要因のひとつは、コリントスの植民市コルキュラ(現在のケルキラ)をめぐるアテナイとコリントスの争いであった。軍事力に優れつつも経済的には脆弱だったスパルタの戦争継続能力維持を助けたのがコリントスの経済力であったと言われている。

紀元前146年、かねてより対立していた共和政ローマから派遣された執政官ルキウス・ムンミウス率いるローマ軍がコリントスを包囲陥落させ、コリントスは完全に破壊された(コリントスの戦い)。その後も少数の住民がかつてコリントスがあった場所に住み着いていたことが考古学的証拠から明らかになっている。

古代ローマ時代[編集]

紀元前44年ガイウス・ユリウス・カエサルは植民市コロニア・ヤウス・ユリア・コロニエンシス(Colonia Iaus Iulia Coloniensis コリントのヤウス・ユリア植民地の意)を再建した。これは同年カエサルが暗殺されるより少し前のことであった。

アッピアノスによれば、再建された都市の住民としてローマの解放奴隷が入植した。ローマ帝国の支配下で、コリントスは属州南ギリシア州(またはアカエア州、使徒行伝18:12-16)の政治の中心となった。コリントスは再び繁栄し、富をもって知られた。ギリシア人、ローマ人、ユダヤ人が住民として混住した。

使徒パウロは複数回コリントスを訪れている。1回目の滞在時、総督はルキウス・アンナエウス・セネカの弟のガリオであった(使徒行伝18:1-18)。パウロはこのとき18ヶ月コリントスに滞在した。2回目の滞在時、おそらく『ローマの信徒への手紙』が書かれた。

東ローマ帝国時代[編集]

街は375年551年に地震で破壊された。

395年396年西ゴート族アラリック1世がギリシャに侵攻した。コリントスは彼によって略奪された都市のひとつとなり、多くの市民が奴隷として売られた。

東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世(在位: 527年 - 565年)治下、サロニコス湾からコリント湾まで大きな石壁が建てられ、都市とペロポネソス半島を北方の蛮族の侵攻から守った。石壁は、長さ約6マイル(10キロメートル)で、エクサミリオン(Examilion(exiはギリシア語で6))と名づけられた。この時代、コリントスはヘラス(現代のギリシアを意味する)のテマ(軍管区)の中心であった。

12世紀(コムネノス王朝の支配の間)、コリントスは西ヨーロッパのラテン諸国との絹の交易によって繁栄した。しかしその富はルッジェーロ2世治下のシチリアのノルマン人の注意を惹き、1147年に略奪されることとなった。

アカイア公国[編集]

1204年第4回十字軍によるコンスタンティノープル陥落ののち、ジョフロワ1世・ド・ヴィルアルドゥアンはアカイア大公の称号とともにコリントスを与えられた(アカイア公国)。ジョフロワ1世は第4回十字軍に従軍した同名の有名な歴史家(ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥアン)の甥である。

1205年1208年にかけて、コリント人は、ギリシャの将軍レオ・スグロス英語版の指揮の下、アクロコリントスの要塞に拠ってフランク人の支配に抵抗した。フランスの騎士、ギヨーム1世・ド・シャンリットが参戦すると、1208年にレオ・スグロスは戦況を悲観してアクロコリントスの上から飛び降りて自殺した。だがコリント人はその後も1210年まで敵軍に抵抗し続けた。

抵抗の崩壊後、コリントスはアカイア公国の一部分となり、首都であるエーリスアンドラヴィダ英語版からヴィルアルドゥアン家が支配するところとなった。コリントスは、他の十字軍国家であるアテネ公国と並んで、アカイアの北部国境の最後の重要な都市であった。ビザンツ帝国は1388年にコリントスを再征服し、モレアス専制公領の一部とした。その後、1395年にオスマン帝国がこの町を占領し、1403年にビザンツ帝国が奪回している。モレアス専制公テオドロス2世パレオロゴス(在位: 1407年 - 1443年)は、コリントス地峡を横断するエクサミリオンの壁 (Hexamilion wallを建設している。

オスマン帝国の支配とギリシャ独立戦争[編集]

コンスタンティノープルの陥落から5年後の1458年オスマン帝国はコリントスの都市と城砦を征服した。トルコ人たちはコリントスの地名を GördüşGördes)と改め、ルメリ州(南バルカン地域)のペロポネソス半島地区を統治するモレア (Morea Eyaletサンジャク(県)の中心地とした。

1687年、ヴェネツィア人がこの地を占領し、1699年にはカルロヴィッツ条約ヴェネツィア共和国の領域に入るが、1715年にオスマン帝国がふたたびこの地を獲得した。1715年から1731年まで、この地はモレア州の首府となり、1731年から1821年まではサンジャクの中心地となった。

1821年1830年ギリシャ独立戦争時、トルコ軍によって都市は完全に破壊された。1832年ロンドン条約 (London Conference of 1832によってコリントスは正式に解放された。1833年、新たに建国されたギリシャ王国の新首都(当初はナフプリオを首都としていた)の候補に、コリントスはその歴史的な重要性と戦略上の立地から挙げられた。結局、新たな首都にはその当時は重要ではなかったアテネが選ばれた。

現市街の建設[編集]

1908年の地図。アクロコリントス(Akro-Corinthe)、旧市街(Corinthe)、新市街(Nelle Corinthe)の関係が見て取れる

1858年の大地震により、コリントス市街は完全に破壊された。地震後、旧市街(アルヘア・コリントス)に代わり、3km北東の海沿いに新たな市街地が建設された。ネア・コリントス(新コリントス)と呼ばれた新たな町が、現在のコリントス市街である。その後も新コリントスは1928年に地震、1933年に大火に見舞われているが、その都度復興を遂げている。

1885年には、ピレウス・アテネ・ペロポネス鉄道 (Piraeus, Athens and Peloponnese Railwaysがコリントスまで延伸した。この路線は軌間1000mmmのメーターゲージを採用していた。のちに国有化される。

コリントス地峡に運河を掘る考えは古代からあったが、19世紀後半になるとスエズ運河開通(1869年)などに触発されて運河建設の機運が高まった。本格的な工事は1882年からはじめられ、1893年にコリントス運河が開通している。

社会[編集]

産業・経済[編集]

コリントスは、国内有数の産業の拠点である。銅線石油製品医薬品大理石石膏陶磁器タイルミネラルウォーター飲料食肉ゴムなどが周辺で生産されている。2005年には大きな繊維工場や食肉加工工場が操業を停止し、産業の空洞化が叫ばれるようになった。

人口[編集]

都市としてのコリントスは、2001年の国勢調査で29,787人の人口を有し、ペロポネソス地方ではカラマタ(53,659人)に次いで第二位の都市である。

2011年、コリントス市は周辺4市を編入した。新たなコリントス市域の人口は、2001年国勢調査換算で58,523人となっている。

スポーツ[編集]

サッカー

行政区画[編集]

コリンティア県の旧自治体(1999年 - 2011年)
コリンティア県におけるコリントス市(2011年以後)

自治体(ディモス)[編集]

コリントス市Δήμος Κορινθίας)は、ペロポネソス地方コリンティア県に属する基礎自治体ディモス)である。

2010年に行われた地方制度改革(カリクラティス改革)にともない、2011年1月1日付で旧コリントス市を含め5自治体が合併し、新たな自治体(ディモス)としてコリントス市が発足した。旧自治体は新自治体を構成する行政区(ディモティキ・エノティタ)として位置づけられた。

下表の番号は、右に掲げた「旧自治体」地図の番号に相当する。下表の「旧自治体名」欄は、無印がディモス(市)、※印がキノティタ(村)の名を示す。

旧自治体 綴り 政庁所在地 面積 Km² 人口
1 コリントス Κόρινθος コリントス 102 36,555
3 アソス=レヘオ英語版 Άσσος-Λέχαιο ペリヤリ  (en - 9,850
10 サロニコス英語版 Σαρωνικός アティキア  (el - 5,297
12 ソリギア英語版 Σολυγεία ソフィコ  (el - 3,047
14 テネア英語版 Τενέα ヒリョモディ  (el - 5,477

旧自治体(ディモティキ・エノティタ)[編集]

旧コリントス市(1999年 - 2010年)

カリクラティス改革以前の旧コリントス市にあたるコリントス地区Δημοτική Ενότητα Κόρινθος)は、以下のキノティタ(都市域・村落)および都市・集落から構成される。

表中の Δ.δ.Δημοτικό διαμέρισμα の略であり、カポディストリアス改革による統廃合(1999年1月施行)以前の旧自治体に由来する区画である。[ ] 内は人口(2001年国勢調査)を示す。

  • Δ.δ. Κορίνθου コリントス [ 29,787 ]
  • Δ.δ. Αρχαίας Κορινθίας アルヘア・コリントス [ 2,578 ]
  • Δ.δ. Εξαμιλίων エクサミリア [ 2,224 ]
    • τα Εξαμίλια エクサミリア [ 1,563 ]
    • ο Άγιος Κοσμάς アイオス・コスマス [ 55 ]
    • η Δάφνη ダフニ [ 59 ]
    • η Ιερά Μονή Αγίας Τριάδος アイアス・トリアドス修道院 [ 80 ]
    • τα Κάτω Εξαμίλια カト・エクサミリア [ 467 ]
  • Δ.δ. Ξυλοκέριζας クシロケリザ [ 1,215 ]
    • η Ξυλοκέριζα クシロケリザ [ 783 ]
    • η Αγία Παρασκευή アイア・パラスケヴィ [ 81 ]
    • ο Άγιος Δημήτριος アイオス・ディミトリス [ 85 ]
    • η Θυμαριώνα ツマロナ [ 29 ]
    • οι Κεχριές ケフレス [ 237 ]
  • Δ.δ. Σολομού ソロモス [ 751 ]
    • ο Σολομός ソロモス [ 683 ]
    • τα Μπεκιάνικα ベキアニカ [ 68 ]

交通[編集]

旧コリントス駅構内のディーゼル機関車(アメリカン・ロコモティブ DL537)
コリントス運河を渡る道路と鉄道
コリントス運河を通行する船

ギリシャの「本土」ペロポネソス半島を結ぶコリントス地峡に位置するため、各種の交通路の結節点となっている。

鉄道[編集]

2005年にはアテネの近郊鉄道網であるプロアスティアコス英語版 に組み込まれ、新たなコリントス駅 (Corinth railway stationが開業した。

ギリシャ国鉄(OSE) (Hellenic Railways Organisation

道路[編集]

アテネからパトラに至るGR-8・8A号線、ペロポネソス半島を縦断してカラマタに至る国道7号線・高速道路A7号線が市域を走っている。国道8A号線の一部は高速道路として供用されており、アテネを起点にペロポネソス半島北海岸・西海岸の都市を結んで建設中の高速道路 Olympia Odos(A8号線)に組み込まれる予定である。

自動車道路・高速道路
  • A7  (Moreas Motorway : コリントス - 〔カラマタ〕
  • A8  (Olympia Odos : 〔アテネ〕 - コリントス - 〔パトラ〕
  • GR-7号線  (National Road 7 (Greece) : コリントス - ヒリョモディ - 〔カラマタ〕
  • GR-8号線  (Greek National Road 8 : 〔アテネ〕 - コリントス - 〔パトラ〕
  • GR-8A号線  (Greek National Road 8A : 〔アテネ〕 - コリントス - 〔パトラ〕
  • GR-70号線  (Greek National Road 70 : 〔イストミア〕 - ルトラ・エレニス - ソフィコ - 〔エピダウロス - ナフプリオ〕
欧州自動車道路

運河[編集]

コリントス運河が通っている。

港湾[編集]

コリントス港は、コリンティアコス湾に面した市街地の北部に位置する。コリントス運河の西北側(コリンティアコス湾側)出口にもほど近い。1980年代後半に新たな埠頭が建設され、貨物取扱可能量はそれまでの2倍になった。

この港はおもに貨物の輸出に用いられ、地域の工業・農業の需要を満たしている。おもな輸出品は、柑橘類、ブドウ、大理石、骨材(コンクリートの材料である砂利や砂など)などである。コリントス港は、ピレウス港がストライキなどで機能を停止した際に、これに代わって一般的な貨物船やばら積み貨物船RO-RO船に対応できる施設を有している。

港湾内には税関と沿岸警備隊 (Hellenic Coast Guardが事務所を構えている。また、フェリー(RO-RO船)がイタリアとの間を結んでいる。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]