使徒行伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ApostleFedorZubov.jpg

使徒行伝(しとぎょうでん、ギリシア語: Πράξεις τῶν Ἀποστόλωνラテン語: Acta Apostolorum)は新約聖書中の一書。

新約聖書の中で、伝統的に四つの福音書のあとにおかれる。

邦題[編集]

『使徒行伝』はプロテスタント文語訳聖書の訳である。プロテスタント新改訳聖書では『使徒の働き』と訳され、現代訳聖書では『初代教会の働き』である。日本ハリストス正教会では『聖使徒行実』という訳語をあてている。

かつて日本のカトリック教会では『使徒行録』とも呼ばれていたが、現代ではエキュメニズム新共同訳聖書の表記にあわせ、『使徒言行録』という呼び名が用いられている。

また教会の礼拝で用いられる訳ではないが岩波文庫(塚本虎二訳)では『使徒のはたらき』としている。新世界訳聖書では、使徒たちの活動と表記されている。

内容[編集]

『使徒行伝』の内容は、一口で言えばキリスト教の最初期の様子である。特に二人の使徒ペトロパウロの活躍が中心に描かれている。さらにエルサレム教会と初期のユダヤ人のみのキリスト教コミュニティーがコルネリウス洗礼をへて異邦人(非ユダヤ人)の間へと広がっていた様子が記録されている。

本文によれば、『使徒行伝』は『ルカによる福音書』の続編として(聖書自身の証言と伝承によればルカの手で)書かれたものであるという。どちらも「テオフィロ」(ギリシア語で「神を愛する者」という意味)なる人物に献呈されている。もともとは一冊の書物だったという説もあるが、現代の研究者たちがさかのぼれる最古の資料の時点では、すでに『ルカによる福音書』と『使徒行伝』は別々の本になっていた。『使徒行伝』はこの時代に書かれた作品としては他に類をみない非常にユニークなものであり、初期キリスト教の研究は本書なしには成り立たない。また、パウロの書簡集も『使徒行伝』の存在によって価値あるものになっており、『使徒行伝』なしにパウロの手紙を読んでも理解できない部分が多いことを忘れてはならない。

また、初期キリスト教の発展を記す貴重な文献ではあるが、その限界も明らかである。本書はエルサレムに誕生した原始キリスト教会の地中海を反時計回りに主にパウロによって広げられる過程を描いているが、パウロ書簡に注意するとキリスト教の発展は多くの人々により、多方面から行われたことが明確である。一例をあげるならば、本書の関心はローマ帝国全土に展開する様子を描くことにあるが、ローマ書を読めばパウロ以前に帝国の首都であるローマに教会が誕生しており、パウロの関心はローマに住むキリスト教徒に自らの信じる「福音」を伝えることにある。実際にエジプトのアレクサンドリアにはかなり早い段階で有力な教会が建設されており、エルサレムからアフリカへの布教活動が相当に活発であったことは確実であるし、エチオピア方面への南下する展開も確実である。また、使徒マタイにインド伝道の伝承があるが、東方への展開も考えるべきであるが、これらを記録した文献は現存しない。今後の新資料の大発見の可能性もゼロではないが、現存資料からキリスト教の多方面にわたる発展を描く試みは初期キリスト教研究の大きな課題である。

構成[編集]

『使徒行伝』の構成とルカ書の構成には共通点が見られ、『ルカによる福音書』はローマ帝国(の人口調査)に関する記述から始まる。物語はイエスが故郷ガリラヤを出て、サマリアからユダヤへゆき、エルサレムで十字架にかけられるところへと展開していくが、そこで復活し、昇天して栄光を受けると結ばれる。

『使徒行伝』はこれと呼応するかのように、エルサレムから使徒の活動が始まり、ユダヤからサマリアへと広がり、やがてアジア地方をへてローマ帝国の中枢にいたるという構成になっている。このような文章の組み立てをキアスムス構造(X字構造、交差法)という。キアスムスでは構成の中心に位置する部分が重要なのでこの場合は、中心にある「エルサレム」および「イエスの復活と昇天」が著者にとってもっとも重要なものであることを示している。

このような『使徒行伝』の地理的展開は冒頭におけるイエスのことばであらかじめ示されている。つまり「あなたがたはエルサレムだけでなく、全ユダヤとサマリア、さらに全世界にいたるまで私の証人となる」という記述である。これがエルサレム(1章~5章)、ユダヤとサマリア(6章~9章)、全世界(10章~28章)という『使徒行伝』における物語の舞台の展開に対応している。

また『使徒行伝』はペトロパウロという二人の使徒の活躍が中心であるが、ペトロの活躍(1章~12章)の部分とパウロの活躍(13章~28章)の部分で全体を二つに分けることができる。

成立[編集]

『使徒行伝』は2世紀の頭にはすでに存在していたことが他の資料から確認できる。すくなくともマルキオンの活躍した時代(120年140年)に存在していたことは間違いがない。またポリュカルポスアンティオキアイグナティウスの書簡からも『使徒行伝』の存在が伺われることや、『使徒行伝』13章22節の記述と『コリントの信徒への手紙一』18章1の引用する詩篇89:20が(本来の詩篇にはない)同じ文章であることが偶然ではないと考えられることなどから、『使徒行伝』は96年にはローマで、115年までにはアンティオキアスミルナで広く読まれていたことが明らかである。

成立時期が70年より前ということは考えにくい。ルカ福音書の序文はイエスを直接知る世代がいなくなったという事実をほのめかしているからだ。研究者たちの間でもっとも可能性が高いといわれているのが80年ごろである。75年から80年の間に成立したという説の支持者もいるが、70年から75年という説はほとんど支持されない。『使徒行伝』にはフラウィウス・ヨセフスの著作との共通点があることから著者はヨセフスを参照していると指摘するものもいるが、それが正しいとすると100年以降の成立になってしまうため、説得力は弱い。『使徒行伝』が他の記録で言及される最古の例は177年を待たなければいけないが、これは成立時期を示すものでなく、ただ『使徒行伝』という名前がついていなかっただけなどいくつかの説明ができる。

『使徒行伝』がどこで書かれたのかというのはいまだに答えが出ていない問題である。伝承ではローマあるいはアンティオキアで書かれたとされていたが、本文からはローマ帝国のアジア属州のいずれか、おそらくエフェソス近辺という可能性がうかがえる。

項目[編集]

使徒行伝 15章22節から24節の内容 コーデクス・ラウディアーヌス写本(7世紀) ラテン語(左列)とギリシア語(右列)で記述されている
  • キリスト教宣教の準備(1:1-2:13)
  • エルサレムにおける宣教(2:14-8:3)
    • ペトロの説教(2:14-2:47)
    • ペトロとヨハネの活躍(3章-4章)
    • アナニアとサフィラ(5:1-11)
    • 使徒たちの活動と迫害(5:12-5:42)
    • ステファノら七人の選出(6:1-7)
    • ステファノの殉教(6:8-8:3)
  • ユダヤとサマリアにおける宣教(8:4-9:43)
    • サマリア宣教(8:4-8:25)
    • フィリポとエチオピアの宦官(8:26-8:40)
    • サウロの改心(9:1-9:31)
    • ペトロの宣教(9:32-9:43)
  • 異邦人宣教の開始(10:1-15:35)
    • 異邦人への宣教(10:1-11:18)
    • アンティオキアの教会(11:19-11:27)
    • ヤコブの殉教とペトロの投獄(12:1-12:19)
    • ヘロデ・アンティパス1世の死(12:20-12:24)
    • パウロの第一回宣教旅行(13:1-14:21)
    • エルサレムの使徒会議(15:1-35)
  • パウロの世界宣教(15:36-28:31)
    • パウロの第二回宣教旅行(15:36-18:23)
    • パウロの第三回宣教旅行(18:24-21:14)
    • パウロの逮捕とローマへの連行(21:15-28:11)
    • ローマでのパウロ(28:12-28:31)

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]