神聖娼婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神聖娼婦(あるいは神殿娼婦聖婚とも)は宗教上の儀式として神聖な売春を行った者である。その儀式を神聖売春または神殿売春という。

古代近東地域における神聖娼婦[編集]

イナンナもしくはイシュタルは女神官の儀式用髪飾りを付けて表される

チグリス川ユーフラテス川に沿った古代近東にはバビロンイシュタルの神殿をはじめとした多くの聖地や神殿、「神の家」が存在しており、ヘロドトスは『歴史』の中で神殿売春の慣習を伝えている[1]が、多分に誤解を含んでいると考えられている[2]。サミュエル・ノア・クレーマーの聖婚:古代シュメールの信仰・神話・儀礼によると、後期シュメールおよびアッカドの王サルゴンは、アキトゥと呼ばれる新年祭の10日目に神殿で行われる王と女神の結合の儀式に神聖娼婦を参加させることで、その正当性を確立させたとされる[3]。西暦4世紀にキリスト教を奉じるローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世が女神の神殿を破壊し、キリスト教化したことによって、神聖娼婦の習慣は終了した[4]

メソポタミア[編集]

古代メソポタミアの巫女は、寄進を受けた者に神の活力を授けるために性交渉を行う風習があった。『ギルガメッシュ叙事詩』でもギルガメッシュの友エンキドゥの獣性を鎮めるために、娼婦を派遣して性交渉を行ったとの記録があり、当時は売春行為は、現在とはかなり違い神聖な儀礼であった事がうかがい知る事ができる。また、古代メソポタミアのイシュタル古代ギリシアアフロディーテ、北欧神話のフレイヤなど、多くの神話では愛と美を司る女神は性に奔放な姿で描かれているのも、こうした神殿娼婦の影響によるものと考えられている[誰?]古代ギリシャの歴史家ヘロトドスは古代メソポタミアにおいて神殿売春が行われていたと初めて言及した人物である[5]

アジア[編集]

デウキ英語版とは、古にされた契約を果たして宗教的な利益を得るために少女が地元のヒンズー教の寺院に捧げられる、ネパール西部の古い習慣である[6]。少女は売春婦として寺院に奉仕し、それはインドデーヴァダーシーの習慣と類似している[7]。この習慣は無くなりつつある[8]が、少女はまだ捧げられている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 例えばジェームズ・フレイザー (1922), 金枝篇, 3e, Chapter 31: Adonis in Cyprusなど
  2. ^ Stephanie Budin, The Myth of Sacred Prostitution in Antiquity (Cambridge University Press, 2009)
  3. ^ Encounters In The Gigunu”. Bibliotecapleyades.net. 2011年8月25日閲覧。
  4. ^ エウセビオス, コンスタンティヌスの生涯, 3.55および3.58
  5. ^ ヘロドトス歴史 1.199、A.D. Godley訳(1920)
  6. ^ 山本愛 (2006), 差別と闘い、共に生きる, アジアボランティアセンター, p. 2, http://unwomen-nc.jp/unifem/action/jyo20052.pdf 2011年8月25日閲覧。 
  7. ^ Asia Sentinel: Nepal: Girls First, Goddesses Later
  8. ^ Anti-Slavery Society: Child Hierodulic Servitude in India and Nepal