紀元前7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 紀元前1千年紀
世紀: 紀元前8世紀 - 紀元前7世紀 - 紀元前6世紀
アッシリア王アッシュールバニパルの浮き彫り。
ヌビアのピラミッド第25王朝の崩壊とともにエジプトを離れ故地へと南下したヌビア人はこの地に幾つものピラミッドを造営した。

紀元前7世紀(きげんぜんななせいき、きげんぜんしちせいき)は、紀元前700年から紀元前601年までの100年間を指す。

できごと[編集]

  • 紀元前689年 - アッシリア王センナケリブのバビロニア遠征。バビロンは陥落しアッシリアの直接支配下におかれる。
  • 紀元前685年 - 桓公が君主となり、管仲を宰相に迎える。
  • 紀元前685年頃 - ギリシアのメガラ人により植民市カルケドンが建設される。
  • 紀元前683年 - ギリシアのアテナイでアルコンの任期が10年から1年に限定される。
  • 紀元前671年 - アッシリア王エサルハドンのエジプト遠征。メンフィス陥落によりエジプト王タハルカはテーベに逃亡。
  • 紀元前669年 - ヒュシアイの戦いでアルゴス僭主フェイドンがスパルタに勝利し覇権を握る。
  • 紀元前667年頃 - 第二次メッセニア戦争にスパルタが勝利しメッセニアを再占領。
  • 紀元前667年頃 - ギリシアのメガラ人により植民市ビュザンティオン(現イスタンブル)が建設される。
  • 紀元前663年 - アッシリア王アッシュールバニパルのエジプト遠征。テーベ陥落によりエジプト王タヌトアメンはヌビアに逃亡。
  • 紀元前660年 - 『日本書紀』によれば神武天皇が即位する。神武元年正月朔。
  • 紀元前653年 - スキタイ王マデュエスがメディア各地を席巻し支配下に置く。
  • 紀元前651年 - 斉の桓公が葵丘にて会盟を開き、周王より伯位を賜り最初の覇者となる。
  • 紀元前650年頃 - ギリシアで初期アルカイック期。
  • 紀元前647年 - アッシリア王アッシュールバニパルのエラム遠征。首都スサが陥落し破壊される。
  • 紀元前645年 - 斉の宰相である管仲が死去。
  • 紀元前638年 - 襄公成王が泓水(現:河南省柘城)にて激突し、楚が大勝する(泓水の戦い)。
  • 紀元前636年 - 重耳が亡命19年の後即位し、文公となる(3番目の覇者)。
  • 紀元前632年 - 文公が率いる晋と楚が城濮(現:山東省西部の濮県の南)にて激突し、晋が大勝する(城濮の戦い)。
  • 紀元前630年頃 - キュロンがアテナイアクロポリスを占拠し僭主の地位を得ようとするが失敗し殺害される。
    • キュロン殺害を促したメガクレスとアルクマイオン一族は追放され、これが原因でアテナイとメガラの間で戦争が起こる。
  • 紀元前627年頃 - エピダムノス(現アルバニアの第2の都市ドゥラス)がギリシアのコリントス人やケルキラ人などにより建設される。
  • 紀元前625年 - ナボポラッサルがアッシリアからバビロンを奪取し新バビロニアを建国。
  • 紀元前625年 - キュアクサレス2世がスキタイの支配からメディアを独立させる。
  • 紀元前621年頃 - ギリシアのアテナイでドラコンが法典を成文化する。
  • 紀元前612年 - 新バビロニアとメディア連合軍によりアッシリアの首都ニネヴェが陥落。
  • 紀元前611年 - 楚、、巴の攻撃でが滅亡。
  • 紀元前610年頃 - エジプトのナイル川デルタ地帯にギリシア系ミレトス人が植民市ナウクラティスを建設。
  • 紀元前609年 - ハッラーンの戦いで敗北しアッシリアが滅亡。
  • 紀元前609年 - メギドの戦いでエジプトがユダ王国を倒す。
  • 紀元前605年 - カルケミシュの戦いで新バビロニアがエジプトに勝利。
  • 紀元前7世紀 - イタリアのバンディタッチャのネクロポリスエトルリア式地下墳墓が造営される( - 紀元前1世紀

人物[編集]

オリエント世界[編集]

南アジア世界[編集]

支那(周・春秋時代)[編集]

地中海世界[編集]

ギリシア[編集]

王政ローマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]