出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四夷の名称

(てき)あるいは北狄(ほくてき)は、四夷の一つ。古代中国において北方の中原都市文化を共有しない遊牧民族を呼んだ呼称である[1]。北方の民族は度々中原を侵略したことから、北方にいた異民族は総じて狄と呼ばれるようになり、北狄は蔑称としての意味合いが強くなった。

夏・商の時代[編集]

翟人は紀元前2000年頃にはオルドス地方一帯で繁栄していたようで、考古物から時代ごとの人口の増加と経済的発展が確認される。その後、水と草を追い求めながら東方や南方へ向かって居住地域を拡大、前期には翟人の遊牧地域は華北一帯(主に山西・河北・陝西)で存在していた事が確認されている。商後期・周の時代へ入ると遊牧生活や習俗が礼記に記録されるなど中原の文献にも登場し始め、赤狄白狄といった集団が史書に記されている。それらの首長家系はの公室と通婚するなど中原諸侯を構成した諸国とも密接な関わりを持ち、居住地も中原北部に点在し北方諸侯に属する都市国家群の点状に分散する領地の間に広く居住していた。

商・周の時代[編集]

晩期の地層から多数の青銅器や陶器が出土するなど商前期からの生産力の発展が見られ、また多くの遺跡から商様式の器物が見つかっており華夏族との交流が覗える。一方で商・時代は奴隷制の全盛時代でもあって、その供給源は主に戦争によるが、商・周王朝は頻繁に周辺国へ侵攻し、両民族の間に激しい戦闘が度々起きていた事が史書の記述にも残る。特に周の時代に入ると大規模な戦争が繰り返し行われ[2]、戦争によって翟人は関中などの西北地域から追われて、多くが東や北へ移動したとされる。

春秋戦国時代[編集]

周王朝が衰えると、河北や山西などの長城沿いに居た白狄が大挙して南下を始め、中山と呼ばれる強大な狄人国家を建て、後に諸侯国となった。また、晋の文公重耳に仕え、外戚ともなった重臣狐偃狐氏一族が、白狄の出身であったことがよく知られる。中山国は春秋戦国時代、中原の争乱へ参与したが趙に滅ぼされ、白狄人は華夏人の中に同化していった。

赤狄[編集]

他方、比較的北方に居住していた最大人口を保持する赤狄は、紀元前11世紀頃から主として北や北西に移動しつつ、大挙してモンゴル高原や南シベリア・満州・朝鮮の原住民を征服、中原の技術や産物を持ち込み大きな変化と人口増加をもたらした。後の匈奴で一部分を構成したとされ、また西方へ伝播した遊牧文化の流れも、この移動に起因すると考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 白鳥庫吉は狄をテュルク系であるという見解を示している。
  2. ^ 『逸周書』には周の初期に数百の国を滅亡または服属させ、五千人を斬首・捕虜13000人を得たと記す

参考資料[編集]

関連項目[編集]