紀元前5千年紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 前6千年紀 - 紀元前5千年紀 - 前4千年紀


紀元前5千年紀(きげんぜんごせんねんき)は、紀元前5000年から紀元前4001年までの1000年間である。

時代[編集]

できごと[編集]

  • 紀元前5000年頃 - 紀元前3400年頃 - メキシコ南部のテワカン谷の人々がトウモロコシの栽培を始めた。最初は野生のトウモロコシを採集していたが、紀元前3000年頃には野生種に改良が加えられ、穂軸が大きく、粒の落ちにくい栽培種ができあがる。
  • 紀元前5000年頃 - ギリシャ・テッサリア地方で、新石器文化の農耕民が集落が栄える。
  • 紀元前5000年頃 - 日本ではこの時期、人口が大幅に増加し、竪穴式住居貝塚が盛んに作られた。丸木舟による漁労活動や交易が盛んに行われる。
  • 紀元前4713年1月1日正午(世界時)= -4712年1月1日正午(世界時) - ユリウス通日の起算日時
  • 紀元前4600年頃‐紀元前4200年頃、ヴァルナ墓地と呼ばれる金石併用時代の200基以上に及ぶ墳墓群が、黒海沿岸(現在のヴァルナ)に築かれる。
  • 紀元前4500年 - メソポタミアスサ文明およびキシュ文明。
  • 紀元前4500年頃 - 黄河上流から中流にかけて、鮮やかな文様を描いた陶器が盛んに作られ、使われる。これを彩陶(さいとう)と言う。
  • 紀元前4300年頃 - 鹿児島県大隅半島南端佐多岬の南西約40kmの鬼界カルデラが大爆発する。その火砕流は半径100kmの範囲を覆い、またその火山灰西日本各地に大量に降り注いだ。

発明・発見[編集]

  • 文字の発明
  • 紀元前4500年頃 - ヨーロッパの使用が始まる
  • 中国: ヤギ、ヒツジの家畜化。彩陶などの陶器の製作
  • メソポタミアで原始的な印章の使用が始まる

そのほか[編集]

世紀と年代[編集]

紀元前4000年
紀元前4100年
紀元前4200年
紀元前4300年
紀元前4400年
紀元前4500年
紀元前4600年
紀元前4700年
紀元前4800年
紀元前4900年
紀元前5000年