出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鋤。大蔵永常『農具便利論』17世紀

(すき)とは、農作業や土木工事に使用された、地面を掘ったり、土砂などをかき寄せたり、の中の雑草のを切るのに使用される道具農具である。

概要[編集]

構造は、状であり、製か金属製の長い柄と、金属製の刃、またはで編んだで構成され、これらが一直線上にあるか、または鈍角をなしている。使用法は、手力と鋤重とによる押込力と、手力による土壌の反転とを適当に利用して、農地を耕起する。「踏鍬」(ふみぐわ)と称されるものは、鋤の1種であり、踏圧力を利用してその鑱床部を土中に深く挿入し、これを両手で押し倒し、土壌を撥ね起こしつつ、側退耕鋤するものである。

鋤は人間が手作業で使う道具であり、馬や牛などに引かせる(すき、プラウ)とは、同じ発音ではあるが別の道具である。なお、中国では元来「鋤」の字は“くわ”を意味していたが、日本では鋤を使役動物に引かせて使う農耕具(つまり、犂)であると誤認され、“くわ”に当たる漢字が存在しないと考えて、“くわ”を意味する国字「鍬」を創作したとされている[1]

洋の東西を問わず、反乱や一揆の際には武器に変じた。豊前福光派古術において、鋤は農民の護身用の武具として用いられており、日本拳法道連盟豊前福光派古術連盟風門館において保存されている[2][3]

現在では農業用・土木作業用ともに、シャベルにとって代わられ、日本の伝統的な鋤は一般に見ることはできなくなった。

すき焼き[編集]

なお、柄の取れた古い鋤を野外での代わりに使って鳥獣の野菜を焼いたのが「すき焼き」の始まりといわれている。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古賀(2012)p.195
  2. ^ 古術福光派:鋤鍬対平鍬” (日本語). 2011年12月10日閲覧。
  3. ^ 日本拳法道連盟豊前福光派古術連盟風門館” (日本語). 2014年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]