シャベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャベル

シャベル英語:shovel)は、土砂、石炭、砂利、などの粗い粉状の素材を持ち上げて移動させるための道具であり、柄と柄の先端に取り付けられたスプーン状の幅広の刃からなる。ショベルとも表記される。漢字では円匙と書き、「えんし」または「えんぴ(本来は誤読だが旧日本軍自衛隊を中心に呼称される)」と読む。方言シャボロと呼ぶ地方もある。スコップオランダ語schop)は本来同義語であるが、使い分けている場合が多い(後述)。同様の目的を持つ大型の土木機械(油圧ショベル)もシャベルと呼ばれる。

日本では土木作業で使用されるシャベルのうち、刃先が尖った物を俗に剣(剣先)スコップ、方型のものを角(角型)スコップまたは平スコップと呼ばれる。現場では略してケンスコ、カクスコと呼ばれることもある。石の多い堅い土には食い込みやすいケンスコ、砂地や軟らかい土質にはカクスコを使うなど土質により使い分ける。

シャベルとスコップ[編集]

日本JIS規格では足をかける部分があるものをショベル(シャベルではなくショベルと定義されている)、無い物をスコップと記されている[1]。西日本地域では、足をかける部分があるものをシャベル、無い小型の物をスコップと呼び、このJIS規格に概ね沿った呼び名で広く使われている。東日本地域では、人力で掘るために足をかける部分のあるものをスコップと言い、代表的なものが剣先スコップ・角スコップである。

また、大型の物をショベル、小型の物をスコップと区別する場合もある。一般には大きさによってシャベルとスコップを使い分けており、西日本では大型のものをシャベル、小型のものをスコップと呼ぶ。逆におもに東日本では大型のものをスコップ、小型のものをシャベルと呼ぶ人が多い[2][3]

規格[編集]

日本工業規格(JIS)では土木用・農事用・家庭用のショベルおよびスコップについて、JIS A 8902 ショベル及びスコップ (Shovels and Scoops)として規格化されている。原案作成は全国ショベル・スコップ工業協同組合で、1954年昭和29年)1月30日に制定された。1988年(昭和63年)1月1日付けで改正されたJIS A 8902では、土砂などをすくう先端部をさじ、柄を軸部または柄部、末端の持ち手を握り部と称し、さじ部には規定の成分からなる鋼板またはこれと同等以上の品質の鋼板を、軸部にはカシまたはこれに準じる品質の堅い木材(規定の含水率以下)か、構造用ステンレス鋼アルミニウム樹脂などのパイプを材料に用いるよう定めている。ショベルおよびスコップの図面が記載された付図を参照すると、さじ部が足を掛けることのできる形状になっているものがショベル(付図1 - 5)、そうでないものがスコップ(付図6)となっており、ショベルのうち、さじ部の形状がとがっているものを丸形(付図1、3)、四角いものを角形(付図2、4)としている。また、握り部についてはアルファベットYの字の形と定めている。

種類[編集]

園芸用こて

シャベルは使用目的に合わせて様々な種類がある。

石炭用シャベル
幅広で平らな刃を持ち、石炭がこぼれ落ちないように刃の両脇が曲げられている。Dの字状(柄から二又に分かれた取っ手に横棒)の取っ手が付いている。
雪かき用シャベル
刃はアルミニウムプラスチック製の軽量で、非常に幅広で湾曲している。取っ手として柄に横棒が取り付けられている。を押し、持ち上げるように設計されている。
スペード(英語:spade)
土掘り用のシャベルで、刃はゆるく湾曲しており両脇は無い。刃の先端は尖っているが、反対側は平たく成形されている。刃を地面に突き刺して土をすくう。この時刃の平たい部分に足を掛け、体重を載せる事で刃を地面に深く差しこむことができる。spadeの日本語訳としては踏み鋤が当てられるが、こちらは農具である。
塹壕用シャベル
軍用シャベルである。刃の形状はスペードに似ている。塹壕用シャベルの一義的な任務は塹壕を掘ったり整備したりすることであるが、塹壕戦においては敵兵との不意の遭遇も多く、その際にシャベルは有用な武器になることから殺傷力を高めるために縁を研いで刃付けするものがあった。現在は折りたたみ可能な物が多い。
園芸用こて(英語trowel
片手で持つ小型のシャベルで、苗の植え替えなど園芸用途に用いるもの。移植ごてとも呼ぶ。

軍隊でのシャベル[編集]

戦場においてシャベルは、自分の命を守るための塹壕を掘る道具であり、自らの排泄行為のために地面に穴を掘るための道具(排泄物の臭気を巻き散らさない事は戦場の住環境を守るためだけでは無く、敵側に気配を察知されないためでもある)であり、ときには白兵戦の際の打突武器として有用である、特に第一次世界大戦に代表される塹壕戦では、白兵戦武器の中で最も活躍した立派な武器として認知されている。第二次世界大戦の時ソビエト軍兵士と赤軍パルチザンもシャベルを白兵武器として使う、現代のロシア軍スペツナズもシャベル使うの戦闘技術を訓練している。このため歩兵を筆頭とする兵士の個人携行物となっているほか、多くの軍用車両の装備品の一つとしてシャベルが採用されている。これらは車内に納められるか車外にツルハシジャッキなどとセットでクランプ留めにされ、車両がスタックした場合や陣地を構築する際に活用される。

日本陸軍では土木工事用の大きなシャベルを「大円匙(だいえんぴ)」、携行用を「小円匙(しょうえんぴ)」と呼び分けていた。兵士の個人携行物の一つである小円匙は、柄の中ほどと、刃の上側(柄の取りつけ部付近)に孔が設けられており、ここにロープを通して肩に担えるようになっていた。柄頭部分に取っ手は無いが先端は丸く成形されている。折りたたむことはできないが、柄は外すことができ、携行時は二つに分離して背嚢に下げる。なお1930年代後半に制式採用された九八式円匙の刃部は防弾鋼鈑で作られ、刃中央部の孔を覗き穴として、簡易な防盾)として使用できるようになっていた。

アメリカ陸軍では、第二次世界大戦中の1943年にM1943 Entrenching Tool(直訳すると「1943年型塹壕堀り工具」)を採用している。M1943は柄と刃の取りつけ部分が回転して折りたたみができる設計で、携行に優れるだけで無く、刃が柄と90度の角度で固定できるので、(くわ)のように使うことができた。柄頭部分に取っ手はない。同様の構造のものが、現在でも各国で軍用あるいは民生用として製造されている。

ソビエト連邦軍労農赤軍)は砲身部分を柄として、スペード形の底板を刃として組み替えて使うことにより迫撃砲をシャベルとしても使うことができる特種な兵器を装備されていた(37mm軽迫撃砲)。

脚注[編集]

  1. ^ 日本工業規格 ショベル及びスコップ
  2. ^ 神永 曉(小学館国語辞典編集部) (2014年3月24日). “第203回 「スコップ」と「シャベル」”. 日本語、どうでしょう?. ジャパンナレッジ. 2014年7月16日閲覧。
  3. ^ 地域によって異なる?スコップとシャベルの違いが話題に

関連項目[編集]