ピッチフォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バケツに立てかけられたピッチフォーク

ピッチフォーク(pitchfork)は、長い柄と、長くて広がった歯を持ったヨーロッパ起源の農具であり、刈り取った麦や干草、葉、ブドウの実、そのほかの農作物など柔らかいものを持ち上げたり、投げたりすることに使う。もともとフォークとはこの農具のことであるが、この機能を模して発明された食器のフォークの知名度のほうが高くなっているため、単なるフォークはむしろ食器のフォークの呼称としてのほうがよく使われるようになっている。ピッチフォークはたいてい2本から6本の歯を持っているが、その使用目的によって歯の長さや間隔は多様である。

また、古くはヨーロッパではピッチフォークはなど高価な武器に手が届かない人々によって、武器として使用された。 その結果、今日の欧米で、激怒している農民や荒れ狂う暴徒たちを描写する陳腐な表現手法では、ピッチフォークを手にしているすがたをとることが多い。

現在のサブカルチャーでは、悪魔が持つ武器として多く登場している。 BSDのマスコットキャラクター「デーモン君」が手にしているのもフォークである。

関連項目[編集]