熊手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹製の熊手。バックのタイルは約11cm四方

熊手(くまで)とは、農業や庭の掃除に使われる、短い歯を粗い櫛状にならべた棒を垂直にに取り付けた農具

農具としての熊手[編集]

熊手は枯れ葉を集めたり干し草をかき寄せたり、を柔らかくしたり平らにならしたりなど、いろいろな用途に使われる。

現代的な熊手は、歯が鋼鉄プラスチックなどで作られているが、かつては木や鋳鉄で作られていたものもあった。柄は多くは製か金属パイプでできている。竹製のものなど伝統的な形の熊手は、歯の部分が長くて扇子のような形で作られていることもある。

農業機械に分類されるような巨大な熊手は、湾曲した鋼鉄製の歯を取り付けた棒を車輪に搭載し、トラクターで牽引して使用する。 この形のものは、農業機械が発達するまえの農耕馬の時代から伝わっている。

潮干狩りに使われる熊手は農具とは形がやや異なる。

縁起物としての熊手[編集]

酉の市で販売中の縁起物の熊手

日本では、幸運や金運を「かき集める」という意味を込めて、商売繁盛の縁起物として熊手を飾る事がある。主に毎年11月の酉の日に神社で開催される酉の市などで販売されている。

毎年、昨年度の物より大きい物を購入するのが商売繁盛等につながるとされている。

武器としての熊手[編集]

長い柄の先に熊の手を模した鉄製の爪をつけたもので、平安時代末期より武器として使用された。敵を引っ掛けて倒したり、馬上から引きずり下ろしたりするなどの目的で用いられた。

保元物語』に、矢で穴が開いて沈没した舟の仲間を熊手で引き上げて助ける場面があり、海戦では敵船を引きつけるための武具としてだけでなく(移乗攻撃#使用される兵器も参照)、救助具としての役割(活用法)も見られる。上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家の兵法書を戦国風に改めた書)巻四「戦法」の中の船戦の項に、「熊手、投げ鎌を用いる事、船戦の古法なり」と記述されていることからも、水軍において用いられる武器と認知されていたことがわかる。また、『訓閲集』には、熊手の先だけを縄筒に取り付け、鉤縄のようにした武器(熊手の柄を廃し、改良したバリエーション)が絵図に記されている。

平家物語』の記述では、平頼盛は兜の頂に熊手を掛けられ、また、平徳子は入水自殺を熊手によって阻まれた。13世紀の『承久記』にも記述は見られ、市川新五郎という武士が薩摩左衛門の兜の天辺に打ち立てて、引き寄せ、首を討つ描写があり、河川戦闘で使用された。『平』『承』の記述からも、水辺(海や河川)で敵を引きつけるために使用されたことがわかり、いずれも引っ掛けやすい兜の天辺(頂)を狙っている。

また、弁慶が背負った七つ道具の一つが熊手とされる。

絵画資料としては、『蒙古襲来絵詞』(宮内庁三の丸尚蔵館蔵・国宝)後巻1内に、薙刀をもつ武士の左隣に、その薙刀より長い柄の熊手を肩にかかえた武士の絵画が見られる。爪は3つで、人物の背と比較して2倍の3メートル近い長柄として描かれており、他の長柄武器と比べても長い(対長柄が意識されている)。

関連項目[編集]

リファレンス[編集]

en:Rake (tool) 14:26, 23 November 2005 から翻訳、著者 en:User:Bogdangiusca,en:User:Smurrayinchester ほか

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.