紀元前16世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 紀元前17世紀 - 紀元前16世紀 - 紀元前15世紀

紀元前16世紀は紀元前1600年から紀元前1501年までの100年間を指す。

出来事[編集]

  • 紀元前1700年 - 1500年ごろ - フルリ人の拡散(ヤムハド王国・ミタンニ王国)。
  • 紀元前1600年頃 - 王朝が滅ぼされ黄河流域に(商)王朝が成立(夏商周年表プロジェクトによる)。
    • 伝承では殷の天乙(湯王)が夏の王を鳴条の戦いで倒し天子となる。
    • この事件は中国史上最初の放伐による易姓革命とされ、天乙は賢臣伊尹を擁した聖王とされる。
  • 紀元前1600年頃 - クレタ島の「ファイストスの円盤」が作成された。
  • 紀元前1600年頃 - ドイツ中央部ザーレランで出土した世界最古の天文盤ネブラ・ディスクが作成された。
  • 紀元前1574年頃 - エジプト第15王朝(ヒクソス系)に臣従していた上エジプトのセケンエンラーが反乱を起こした。
    • セケンエンラーのテーベ政権は第17王朝と呼ばれる。
  • 紀元前1573年頃 - セケンエンラーの死去後、息子のカーメスが反乱を継続し領土を拡大。
  • 紀元前1570年頃 - 第17王朝のカーメス死去。弟のイアフメス1世テーベの支配者となる。
  • 紀元前1560年頃 - エジプト第15王朝がエジプトから撤退しパレスチナのシャルヘンに退去。
  • 紀元前1551年頃 - エジプトでアメンヘテプ1世が即位。カルナック神殿の造営が始まる。
  • 紀元前1550年頃 - ミケーネ出土の「アガメムノンのマスクアテネ国立考古学博物館蔵)」が作られた( - 紀元前1500年頃)
  • 紀元前1531年頃 - ヒッタイトムルシリ1世がバビロン王サムス・ディタナを倒しバビロニアを攻略。
    • ヒッタイトの撤退後のバビロニアにはカッシート人の王朝が成立する(バビロン第3王朝)。
    • またバビロニアの混乱でメソポタミア北部のハブル川上流域でフルリ人のミタンニ王国が成立する。
  • 紀元前1530年頃 - ヒッタイト王ムルシリ1世が義兄弟にあたるハンティリに暗殺される。
  • 紀元前1524年頃 - エジプトでトトメス1世が即位( - 紀元前1518年頃)。
    • ミタンニを攻撃して、エジプト王として初めてユーフラテス川を渡り、カルケミシュに記念碑を建てる。
    • エル・クルン山麓に「王家の谷」と呼ばれる専用の地下墳墓を作り、以後の王族にもこの墳墓は使用される。
  • 紀元前1500年前後 - ヒッタイト王テリピヌの治世。王位継承の原則などを定めたテリピヌ法典をまとめる。

人物[編集]

  • セケンエンラー - エジプト第17王朝のファラオ(在位前1573年)
  • カーメス - エジプト第17王朝のファラオ(在位前1573年 - 前1570年)
  • イアフメス1世 - エジプト第18王朝のファラオ(在位前1570年 - 前1546年)
  • 天乙(湯王) - 殷の初代の王(在位前1600年頃)
  • 伊尹 - 殷初期の政治家・阿衡として天乙(湯王)を補佐