紀元前33世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 紀元前4千年紀
世紀: 紀元前34世紀 - 紀元前33世紀 - 紀元前32世紀
サハラ砂漠

紀元前33世紀は紀元前3300年から紀元前3201年までの100年間を指す。

出来事[編集]

  • 太陽活動の変化により大規模な気候の変動が起こった。氷河が拡大して地上を覆った。気温は最低レベルまで落ちた。
  • それまで生物の住める環境だったサハラ砂漠が砂漠化した。
  • 古代エジプトが統一され、エジプト文明が始まった。
  • エジプトで筆記用に粘土、骨、象牙が使われるようになった。これは現存する最古の筆記具である。
  • ハラッパーインダス文明が起こった。
  • 紀元前3300年頃 - 冷凍ミイラアイスマン」がイタリア・アルプスの氷の中から1991年に発見された。男性、靴を履いていた。[1]
  • 紀元前3300年頃 - ウルクピクトグラムが使われ始めた。
  • 紀元前3300-3000年 - 現在はイラク国立博物館で収蔵されている、女性の顔の面がウルクで作られた。
  • 紀元前3300-3000年 - 現在はイラク国立博物館で収蔵されている、彫刻された花瓶がウルクで作られた。

主な人物[編集]

発明・発見[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火ー自然災害の環境史ー』刀水書房 2012年 36ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]