アイスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスマン(エッツィ)
アイスマン
生誕 紀元前3300年
現在のイタリアボルツァーノ県ヴェルトゥルノ近辺
死没 紀元前3300年頃(約45歳)
イタリアオーストリア国境のハウスラプヨッホ
身長 1.65m
体重 50kg

アイスマン英語: Iceman; Ötziとも)は、1991年アルプスにあるイタリアオーストリア国境のエッツ渓谷ドイツ語: Ötztal; 海抜3210メートル)の氷河で見つかった、約5300年前の男性のミイラ[1]の愛称である。

経緯[編集]

1991年9月19日、アルプス登山のルートから外れた場所を歩いていたニュルンベルクからの観光客、サイモン夫妻は、溶けた雪の下からミイラ化した遺体を発見した。当初それは通常の遭難者の遺体として処理されていたが、彼の周囲から見つかった物品が現代では見慣れない物だったため、司法解剖の前にインスブルック大学考古学者に見せたところ、これらはヨーロッパの青銅器時代前期の物であることが判明した。

発見当時、発見された場所にちなんでオーストリアの新聞記者がエッツィ(Ötzi)と命名した。のちに発見場所がわずかに国境を越えていたことが判明し、イタリアに引き渡され、ボルツァーノ県立考古学博物館で公開されている。2012年現在もイタリアの南チロル考古学研究所で調査が続けられている。アイスマンは普段は摂氏-6℃、湿度99%の冷凍庫の中で保管され、ミイラに水分を補給する為に2ヶ月に1度だけ冷凍庫の外に出される[2]

また同研究所は、発見当時の氷の中のアイスマンの精巧なレプリカの他、彼の所持品のレプリカと研究の成果を合わせて、世界各国で「氷の中からやってきた男」(イタリア語: Uomo Venuto Dal Ghiaccio英語: Man From The Iceドイツ語: Der Mann Aus Dem Eis)と題した展示会を開いている。2005年4月には、愛知県で開催された愛・地球博にちなみ、「アイスマン展」と題した展示会が名古屋の名古屋ボストン美術館と豊橋の自然史博物館で催された。

特徴[編集]

アイスマンの
アイスマンの
アイスマンの衣服。ウィーン自然史博物館所蔵

死因[編集]

長らく彼の死亡の原因は専門家の間でも様々な説が唱えられた。凍死説が有力であったが、2001年放射線科医パウル・ゴストナー博士によるX線撮影調査で左肩に矢尻が見つかり[2]、これが死因である可能性が高まった。ただし、死体の解剖分析は極めて貴重な資料を損傷するとして許可されないため実証することが難しかった。2007年にスイス・チューリヒ大などの研究チームが行ったコンピューター断層撮影装置により、動脈付近の傷が詳細に分析され、動脈損傷による失血死であったことが実証された。右眼窩に骨にまで至る裂傷が認められ、更に後頭部に即死に至る量の脳内出血の痕跡があり、これは彼を殺害した者が彼に止めを刺すべく、を受けて倒れた彼の後頭部を石などの鈍器で殴ったと推測できる。これだと彼が左腕をあごの下に伸ばした不自然な格好で発見された理由も付くという。また、彼を殺傷した矢の軸は見つかっておらず、殺害者が持ち帰った可能性があるという[2]再現考古学者古代武器が専門のハルム・パウルゼン博士は矢じりは作成者が誰かがわかる名刺のようなもので、殺害者が証拠隠滅のために持ち帰ったのではないかという見解を述べている[2]

アイスマンは発掘現場の周辺で採取した植物の分析から、標高700mの麓に居住していたと推定されており、その地点では有史以前の遺跡も存在している。また付着した花粉分析から死亡時季は晩春と推定されているが、残雪が大量に残っている季節に岩と氷しかない3,000mを越える地点に登った理由は不明である。彼の胃や腸から検出された花粉からは、彼が死ぬ直前の数日間の間に、モミが生える標高の高い場所から一度低い場所に移動した後、またすぐにモミが生える場所へ行くという強行軍を行っていた事が推測できる[2]

部族間の争いに巻き込まれ、山を越えて逃亡する最中に死亡したという説や、アイスマンは麓の牧人であり、放牧のために高地に登ってきた際に何らかの災難にあったという説がある。

2010年には、イタリアの考古学者が、これまでの説を否定し、アイスマンが麓で死亡した後に、発見場所に運ばれ埋葬された可能性が高いという説を発表している。その証左として、発見された装備品の多くが未完成のままであるという点と、胃の残存物から彼は4月頃に死亡したと推測されたものの、発見現場から8・9月頃の花粉が見つかっている点を挙げている。そのため、「麓の戦いで死に、(死亡時期の4月は積雪で登れないため)数ヶ月後に現場に埋められた」と結論付けている[9]

ただし、いずれにしても仮説の域をでないものであり、実証できる証拠はほとんどない。

その他[編集]

これまでアイスマンに関わった7人の法医学者、第一発見者夫婦のうち夫、ジャーナリストら関係各者が相次いで死亡した。例えば、法医学者が偶発的な事故死を遂げ、関係者の1人がその葬儀に出席する際の交通事故で死亡し、更に発見者夫婦の夫も死亡している。「ミイラの呪いでは?」と話題を寄せているが、発掘には数百人が関わってきたこと、アイスマン発見からすでに20年以上経過していることを考えれば、このうち何人かがすでに亡くなっていることは特に驚くことではないとの指摘もある。

2012年、イタリアにて初めて解凍、解剖され、脳や内臓、骨、血管など149点ものサンプルが採取された。その模様と研究成果の一部が2013年3月24日、NHKの番組「NHKスペシャル 完全解凍!アイスマン ~5000年前の男は語る~」にてテレビ放送された。

2013年、性染色体の中に特異な塩基配列が発見され、それを元にしてアイスマンの子孫が現存するか調査がなされた。その結果、同様の特異な塩基配列を持っている15名のオーストリア人が発見され、アイスマンの子孫である確率が高いとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正確にはウェット・ミイラ、脱水処理をされていないミイラ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m “NHKスペシャル「アイスマン~5000年前の男は語る~」”. NHK. (2013年3月24日). http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0324/ 2013年4月20日閲覧。 
  3. ^ 鍼治療の起源は中国ではなく古代ヨーロッパにあった?
  4. ^ Interview Dr. Eduard Egarter-Vigl, Head of Conservation and Assistant to research projects of the Archaeological Museum in Bozen. From the Docu-Movie: "Ötzi, ein Archäologiekrimi" [Ötzi, a Archaeology Crime] by Christine Sprachmann. TV-Broadcast by 3sat 10 August 2011 and br-alpha 13 September 2011.
  5. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2011による表記では「G2a4」である。
  6. ^ 5300年前の石器時代人・アイスマンのDNA解析”. 関西医科大学法医学講座 (2012年2月29日). 2014年5月6日閲覧。
  7. ^ Luca Ermini et al. (30 October 2008), "Complete Mitochondrial Genome Sequence of the Tyrolean Iceman", Current Biology
  8. ^ 「アイスマン」目は茶色=5300年前の男性ミイラ-DNA解読で判明・国際チーム
  9. ^ 2010年8月28日「京都新聞」8面(国際欄)『アイスマンは埋葬の可能性』より。

参考文献[編集]

  • デイビッド・ゲッツ 『アイスマン 5000年前からきた男』 金の星社、1997年、ISBN 4323060718
  • コンラート・シュピンドラー 『5000年前の男 解明された凍結ミイラの謎』 文春文庫、1998年、ISBN 4167309777

関連項目[編集]

外部リンク[編集]