ギリシャ七賢人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギリシャ七賢人

ギリシャ七賢人(希:οἱ ἑπτὰ σοφοί hoi hepta sophoi ホイ・ヘプタ・ソフォイ)は、紀元前620年から紀元前550年に賢いと呼ばれた古代ギリシアの人物たちである。

概要[編集]

七賢人のメンバーについては古代の書物においてまちまちであり、必ずしも統一されていない。また、「七賢人」とあるが、プルタルコスは『デルフォイのΕについて』において本来は五人だったが、二人の僭主も持っていないにもかかわらず権力によってその名を奪い取ったと主張している。また、最初に誰がなぜ賢いと呼んだのかは不明である。

プラトンが『プロタゴラス』の中で挙げたのは次の通りである。

しかし、ミュソンを挙げているのはプラトンだけで大抵はその代わりにコリントスペリアンドロスが挙げられている。この七人目は古代の書物においてまちまちであり、必ずしも統一されていない。ディオゲネス・ラエルティオスの挙げるところでは25人にもなる。

七賢人の有名な逸話としては彼らの間で生じた知恵比べがある。海中に沈んでいて、偶然発見された鍛冶の神ヘファイストスの作った黄金の鼎をめぐってコスとミレトスとの間で戦争が起こった。多くの死者が出たため、彼らはデルフォイで受けた「過去、現在、未来を知ろしめす者」に鼎がたどり着くまでは両国の戦争は終わらないという神託に基づいて賢者として有名だったタレスに鼎を贈ったが、彼は自分にはふさわしくないと他の賢者に譲った。結局鼎は七賢人の間でたらいまわしにされてタレスのもとへ帰ってきた。そこで彼はアポロンに奉納し、神託を伝えるピュティア(巫女)がこの鼎に腰を下ろして神託を語ることになった。

参考文献[編集]

内山勝利編著、『哲学の歴史1』、中央公論新社、2008年