ナボポラッサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナボポラッサル(Naboporassar、アッカド語表記ではナブー・アパル・ウスルNabû-apal-usur、? - 紀元前605年)は、新バビロニアの建国者(在位:紀元前625年 - 紀元前605年)。セムアラム人とされる。

アッシリア支配下にあったバビロニア南部(カルデア)の属州総督だった。紀元前625年に反乱を起こし、バビロンに入城してアッシリアからの独立とバビロン王を宣言。紀元前616年頃からバビロニア北部へ勢力を拡大(en:Battle of Arrapha)、メディア王国キュアクサレス2世と同盟を結び、アッシュールを陥落させた(アッシュール陥落英語版)。紀元前612年ニネヴェを陥落させて(ニネヴェの戦い英語版)、紀元前609年に帝国を完全に滅ぼしアッシリア王アッシュール・ウバリト2世を殺害した(ハッラーン陥落英語版)。

エジプトから侵攻してきていたネコ2世紀元前609年メギドの戦いユダ王国を攻略したため、紀元前605年にナボポラッサルは長男ネブカドネザルを差し向けた(カルケミシュの戦い英語版)。しかし、同年にナボポラッサルは急死し、ネブカドネザルが直後に即位してエジプトを撃退し、新バビロニアの最盛期を築くことになる。


先代:
カンダラヌ英語版
バビロニア王
111代
紀元前625年 - 紀元前605年
次代:
ネブカドネザル2世