アッシュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(楔形文字)が含まれています詳細
世界遺産 アッシュール
イラク
アッシュール
アッシュール
英名 Ashur (Qal'at Sherqat)
仏名 Assour (Qal'at Cherqat)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4)
登録年 2003年
備考 2003年より危機遺産に指定
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
アッシュールの位置
使用方法表示

アッシュールアッカド語: 𒀸𒋗𒁺 𐎹 - Aššūrāyuアッシリア語 (Assyrian language: 𒀸𒋩 - ašsur)は、アッシリアの最初の首都となったチグリス川西岸の都市、及びそれを中心とする地域、あるいはその主神。現在のイラクカラト・シャルカト英語版(サラーフッディーン県)に位置する。

名称[編集]

アッシュールがメソポタミア諸都市の中でも特異な点は、「都市アッシュール」と、それを中心とした地域である「アッシュールの地」と、それらを守護する「アッシュール神」が全く同一の名前である点であり、粘土板文書では発音されない限定符によってこの三者が区別される。

都市アッシュール[編集]

𒌷ウル)・𒀸𒋗𒁺 𐎹(アッシュール)と表記される。

アッシュールの地[編集]

𒀸𒋗𒁺 𐎹(アッシュール)・𒆠)と表記される。

アッシュール神[編集]

𒀭ディンギルen:Dingir)・𒀸𒋗𒁺 𐎹(アッシュール)と表記される。

歴史[編集]

紀元前14世紀後半からアッシュールナシルパル2世の世まで新アッシリア国王の都市として栄え、アッシュールナシルパル2世によって紀元前883年にカルフ(ニムルド)へ首都が移された後は、イシュタルとアッシュールの神殿とともに、アッシリアの宗教的な中心としてその重要性を維持し続けた。

アッシュールはシン・シャル・イシュクンの治世の紀元前614年新バビロニアナボポラッサルメディア王国キュアクサレス2世の連合軍によって征服された(アッシュール陥落英語版)。

今日、考古学的な調査は、ドイツの調査団によってなされている。

世界遺産[編集]

2003年7月2日、アッシュール遺跡はイラクの2件目の世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg イラクの世界遺産
World Heritage Sites in Iraq

文化遺産
円形都市ハトラ | アッシュール | サーマッラーの考古学都市
世界遺産 | アジアの世界遺産 | イラクの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、イランの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯35度27分24秒 東経43度15分45秒 / 北緯35.45667度 東経43.26250度 / 35.45667; 43.26250