ザンギー朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザンギー朝(英語:Zengid Dynasty, アラビア語:زنكيون)は、12世紀から13世紀にかけてイラク北部(ジャズィーラ)とシリアを支配した、テュルク系のアタベク政権。武将イマードゥッディーン・ザンギー(ザンギー、1087年? - 1146年)により樹立された。十字軍に対し、イスラム世界最初の組織的な抵抗を行った政権である。

ザンギー朝の最大領域

ザンギーのアタベク政権[編集]

ザンギーの父アーク・スンクルはセルジューク朝のスルタン・マリク・シャーに従う武将でシリア北部の都市アレッポを任されていたが、半独立への動きを見せたため殺され、ザンギーはモースルの領主(アタベク)ケルボガ(カルブーカ)の下で育った。バスラを治めていたザンギーは、1127年、セルジューク朝のスルタン・マフムード2世カリフによる反乱から守った功績を認められ、同年イラク北部の都市モースルの太守に任ぜられた。

彼は翌1128年シリア・セルジューク朝アルトゥク朝の領主が相次いで倒れ混乱していたアレッポに入り、アルトゥク朝アタベクのバラクの妻だった女性と結婚し、自らアタベクとなった。以後はシリア南部の中心ダマスカスブーリー朝と争い、1144年には十字軍国家エデッサ伯国の都エデッサ(現在のトルコのウルファ)を陥落させた。十字軍国家群の一角を崩したザンギーは一躍イスラム世界の英雄として称えられたが、1146年に奴隷により殺されてしまった。

分裂と2代目ヌールッディーンの活躍[編集]

ザンギーの死により、その領土は二つに分かれた。モースルとイラク北部は長男サイフッディーン・ガーズィーが、アレッポとその周辺は二男ヌールッディーンが継いだ。ヌールッディーンは父に匹敵する武勇を見せた。彼は早速、エデッサ伯国が奪回していたエデッサの街を落とし、1149年には十字軍国家アンティオキア公国の公爵レーモン・ド・ポワティエを戦いで破って殺し、1150年にはユーフラテス川の西に残っていたエデッサ伯国を滅ぼし伯爵ジョスラン2世を捕らえた。1154年、父ザンギーが最後まで手に入れられなかったダマスカスをブーリー朝から奪い、自らの首都とすることに成功した。

ヌールッディーンはダマスカスを拠点に十字軍と戦う。1160年、アンティオキア公国の公爵ルノー・ド・シャティヨンを捕らえ公国領土の大半を奪った。1160年代、ヌールッディーンはセルジューク朝の分家、アナトリアのルーム・セルジューク朝と抗争する一方、ファーティマ朝エジプトを巡ってエルサレム王国の王アモーリー1世とも戦った。彼がファーティマ朝支援のために派遣した武将シール・クーフはエルサレム王国軍を退けてエジプトをザンギー朝の影響下に置き十字軍国家群を圧迫した。しかし1169年にシール・クーフの甥サラーフッディーン(サラディン)が宰相兼軍最高司令官となるとエジプトはザンギー朝に従わず自立傾向を強め、サラーフッディーンが治めるアイユーブ朝が成立する。

1171年にファーティマ朝のシーア派カリフが死ぬとサラーフッディーンはカリフを廃してファーティマ朝を滅ぼし、自らスルタンを称して、バグダードのアッバース朝スンニ派カリフに従った。ヌールッディーンはサラーフッディーンの領土的野心を疑い、関係は悪化した。サラーフッディーンは1171年と1173年のヌールッディーンのエルサレム攻撃に対し、理由をつけて参戦を固辞した。ヌールッディーンはアイユーブ朝を従わせるためにエジプト侵攻を準備したが、その最中の1174年5月15日に急病で死んだ。

ヌールッディーン以後[編集]

彼の息子で後継者のアッサリーフ・イスマイル・アルマリク(サリーフ)はまだ幼く、ダマスカスを巡る情勢は緊迫した。モースルのザンギー朝君主・サイフッディーン・ガージーはアレッポ近郊にまで進出し十字軍国家はダマスカスを狙った。サリーフはダマスカスからアレッポに移ったが、直後アレッポとダマスカスのザンギー朝家臣たちの対立が表面化し、この機にサラーフッディーンはダマスカスに入城した。

以後、サリーフは1181年までアレッポを治めるが暗殺され、モースルのザンギー朝がアレッポを支配した。1183年、サラーフッディーンはアレッポを開城させ、ザンギー朝のシリア支配は終了する。

ザンギー朝は13世紀まで北イラクを支配し続けたが、1234年にモースルのザンギー朝は断絶し、1250年には分家も断絶した。

ザンギー朝のアタベクおよびアミール[編集]

モースル[編集]

モースルのザンギー朝アタベクおよびアミール1127年 - 1234年

アレッポ[編集]

アレッポのザンギー朝アミール(1128年 - 1183年

ダマスカス[編集]

ダマスカスのザンギー朝アミール(1154年 - 1174年

シンジャール[編集]

シンジャール(北イラク、モースル西方)のザンギー朝アミール(1171年 - 1220年

ジャズィーラ[編集]

ジャズィーラ(北イラク)のザンギー朝アミール(1180年 - 1250年