サーマッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 サーマッラーの
考古学都市
イラク
マルウィヤ・ミナレット
英名 Samarra Archaeological City
仏名 Ville archéologique de Samarra
面積 15,058ha (緩衝地域 31,414 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4)
登録年 2007年
備考 危機遺産登録(2007年 - )
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

サーマッラーسامراء Sāmarrāʾ)はサラーフッディーン県に属するイラクの都市。

歴史[編集]

サーマッラーの位置。バグダードの北西。

チグリス川に面しており、メソポタミア文明以来の歴史を持つ。

アッバース朝の時代に、カリフムータスィム(位833年-842年)が、バグダードからサーマッラーに都を遷した。その後、約50年間にわたって首都として繁栄し、壮麗な宮殿や巨大なモスクが建造された。

20世紀に、チグリス川の氾濫を防ぐダムが建設されると、洪水が減って人口が増加し、現在およそ20万人の人口を擁する。

スンナ派が多数を占めているが、シーア派聖地があり、スンナ派のバアス党を率いて一党独裁していたサッダーム・フセイン元大統領がイラク戦争に敗れて失脚すると、両派の間に緊張が引き起こされるようになった。

世界遺産[編集]

2007年に「サーマッラーの考古学都市」としてユネスコ世界遺産に登録された。イラクの情勢に鑑みて、登録と同時に「危機にさらされている世界遺産」リストにも加えられた。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg イラクの世界遺産
World Heritage Sites in Iraq

文化遺産
円形都市ハトラ | アッシュール | サーマッラーの考古学都市
世界遺産 | アジアの世界遺産 | イラクの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、イランの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

関連項目[編集]