アッバース朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アッバース朝
الخلافة العباسية الاسلامية
ウマイヤ朝
ダブワイド朝
750年 - 1258年 モンゴル帝国
アグラブ朝
ターヒル朝
アッバース朝の国旗
(国旗)
アッバース朝の位置
アッバース朝の版図(深緑はまもなく離反し、緑が850年以降の領土として留まる)
公用語 アラビア語
首都 クーファ
アンバール
バグダード
サーマッラー
カリフ
750年 - 754年 サッファーフ
1242年 - 1258年 ムスタアスィム
面積
最大版図 12600000km²
人口
最盛期 28600000人
変遷
建国 750年
ブワイフ朝バグダード入城 945年
セルジューク朝バグダード入城 1055年
滅亡 1258年
通貨 ディルハム(銀貨)
ディナール(金貨)

アッバース朝الدولة العباسية al-Dawla al-‘Abbāsīya)は、中東地域を支配したイスラム帝国第2の世襲王朝750年 - 1258年)。

概要[編集]

イスラム教の開祖ムハンマドの叔父アッバースの子孫をカリフとし、最盛期にはその支配は西はイベリア半島から東は中央アジアまで及んだ。アッバース朝ではアラブ人の特権は否定され、すべてのムスリムに平等な権利が認められ、イスラーム黄金時代を築いた。

東西交易、農業灌漑の発展によってアッバース朝は繁栄し、首都バグダードは産業革命以前における世界最大の都市となった[1]。また、バグダードと各地の都市を結ぶ道路、水路は交易路としての機能を強め、それまで世界史上に見られなかったネットワーク上の大商業帝国となった。

アッバース朝では、エジプトバビロニアの伝統文化を基礎にして、アラビアペルシアギリシアインド中国などの諸文明の融合がなされたことで、学問が著しい発展を遂げ、近代科学に多大な影響を与えた。イスラム文明は後のヨーロッパ文明の母胎になったといえる。

アッバース朝は10世紀前半には衰え、945年にはブワイフ朝がバグダードに入城したことで実質的な権力を失い、その後は有力勢力の庇護下で宗教的権威としてのみ存続していくこととなった。1055年 にはブワイフ朝を滅ぼしたセルジューク朝の庇護下に入るが、1258年にモンゴル帝国によって滅ぼされてしまう。しかし、カリフ位はマムルーク朝に保護され、1518年にオスマン帝国スルタンセリム1世によって廃位されるまで存続した。

国名[編集]

イスラム帝国という呼称は特にこの王朝を指すことが多い。古くはヨーロッパ中心史観に基づき日本でもサラセン帝国と呼ばれたが、現在では一般的ではない。後ウマイヤ朝を西カリフ帝国、アッバース朝を東カリフ帝国と呼称する場合もある。

歴史[編集]

前史[編集]

アッバース朝時代の刀剣(トプカプ宮殿所蔵)

ウマイヤ朝末期、ウマイヤ家によるイスラム教団の私物化はコーランに記されたアッラーフの意思に反しているとみなされ、ムハンマドの一族の出身者こそがイスラム教団の指導者でなければならないと主張するシーア派の過激な運動が広がった。このシーア派の運動はペルシア人などの被征服諸民族により起こされた宗教的外衣を纏った政治運動であり、現在でも中東の大問題として尾を引いている。

また、このほかにもアラブ人と改宗したペルシア人などの非アラブムスリムとの対立があった。ウマイヤ朝では非アラブムスリムはマワーリーと呼ばれ、イスラム教徒であるにもかかわらずジズヤの支払いを強制され、アラブ人と同等の権利を認められなかった。この差別待遇はイスラームの原理にも反するものであり、ペルシア人などの間には不満が高まっていた[2]

ザーブ河畔の戦い[編集]

こうした不満を受けてイラン東部のホラーサーン地方において747年に反ウマイヤ朝軍が蜂起した。反体制派のアラブ人とシーア派の非アラブムスリム(マワーリー)である改宗ペルシア人からなる反ウマイヤ朝軍は、749年9月にイラク中部都市クーファに入城し、アブー=アル=アッバース(サッファーフ)を初代カリフとする新王朝の成立を宣言した。翌750年1月、アッバース軍がザーブ河畔の戦い英語版でウマイヤ朝軍を倒し、アッバース朝が建国された。ウマイヤ朝の王族は徹底的に弾圧されたが、第10代カリフ・ヒシャームの孫の一人が逃げ延び、モロッコまで逃れた。彼は後にイベリア半島に移り、756年にはコルドバ後ウマイヤ朝を建国してアブド・アッラフマーン1世と名乗ることとなった。

アッバース革命[編集]

シーア派の力を借りてカリフの座についたサッファーフは、安定政権を樹立するにはアラブ人の多数派を取り込まなければならないと考え、シーア派を裏切りスンナ派に転向した。この裏切りはシーア派に強い反発を潜在させ、アッバース朝の下でシーア派の反乱が繰り返される原因となった。

弱小部族のアッバース家が権力基盤を固めるには、イラクで大きな勢力を持つ非アラブムスリムのペルシア人の支持を取り付ける事が必要であったため、クルアーンの下でイスラム教徒が平等であることが確認され、非アラブムスリムに課せられていたジズヤ(人頭税)とアラブ人の特権であった年金の支給を廃止し、差別が撤廃された。

アッバース朝はウラマー(宗教指導者)を裁判官に任用するなどしてイスラム教の教理に基づく統治を実現し、秩序の確立を図った。つまり征服王朝のアラブ帝国が、イスラム帝国に姿を変えたのであるが、そうした変革をアッバース革命という。アッバース革命は、イスラム教シャリーア(イスラーム法)、アラビア語により民族が統合される新たな大空間を生み出すこととなった。

アッバース朝の最盛期[編集]

サーマッラーのマルウィヤ・ミナレット

建国の翌年の751年に、アッバース朝軍は高仙芝が率いる3万人の軍をタラス河畔の戦いで破り、シルクロードを支配下に置いた。その結果、ユーラシアからアフリカのオアシス交易路が相互にリンクする大交易路が成立した。一方で、756年に後ウマイヤ朝が建国され、マンスールの軍が敗北したことでイスラーム世界の統一は崩れることとなった。また、マンスール治世の晩年、776年には北アフリカのターハルトen)にルスタム朝英語版が成立した。

第2代カリフマンスールは、首都ハーシミーヤがシーア派が崇拝する第4代正統カリフアリーの故都クーファに近いことからシーア派の影響力が高まることを恐れ、ティグリス河畔のバグダード(ペルシア語で「神の都」の意味)と呼ばれる集落に、762年から新都を造営した。この新都の正式名称はメディナ・アッ=サラーム(アラビア語で「平安の都」の意味)と言った。また、マンスールは新王朝の創建に功績があったペルシア人のホラーサーン軍をカリフの近衛軍とすることで、権力基盤を固め、集約的官僚制や、カリフによる裁判官の勅任により権限を強化した。また、マンスールはサーサーン朝の旧首都クテシフォンに保存されていた学問を大規模にバグダードに移植した。

アッバース朝のカリフは、それまでのカリフの主要な称号であった「神の使徒の代理人」、「信徒たちの長」に加えて、「イマーム」「神の代理人」といった称号を採用し、単なるイスラム共同体ウンマ)の政治的指導者というだけに留まらない、神権的な指導者としての権威を確立していった。一方で、カリフの神権性はあくまでウラマーの同意に基づいており、カリフに無謬の解釈能力やシャリーア(イスラーム法)の制定権が認められることはなかった点で、スンナ派の指導者としてのカリフの特性が現れている。

第5代カリフのハールーン・アッ=ラシードの時代に最盛期を迎え、バグダードは「全世界に比肩するもののない都市」に成長した。その人口は150万人を超え、市内には6万のモスク、3万近くのハンマーム(公衆浴場)が散在していたといわれる。バグダードは産業革命以前における世界最大の都市になり、ユーラシアの大商圏の中心地に相応しい活況を呈した。一方で地方支配は緩みを見せ始め、789年にはモロッコフェスイドリース朝が成立、800年にはチュニジアカイラワーンに、アミールを名乗り名目上はアッバース朝の宗主権を認めてはいるものの実際には独立政権であるアグラブ朝が成立し、マグリブがアッバース朝統治下から離れた。

衰退への道[編集]

ハールーン・アッ=ラシードは二人の息子に帝国を分割して統治し、弟が帝国中枢を、兄が帝国東部を治めるよう言い残して809年に世を去ったが、2年後の811年、兄が東部のホラーサーンで反乱を起こし、813年にバグダードを攻略して即位していた弟のアミーンを処刑、マアムーンと名乗ってカリフに就任した。しかしマアムーンは根拠地であるホラーサーンを離れず、ためにバグダードは安定を失った。819年には帝国統治のためマアムーンがバグダードに戻るが、ホラーサーンを任せた武将のターヒルはほどなくして自立し、ターヒル朝を開いてイラン東部を支配下におさめた。

第7代カリフのマアムーンギリシア哲学に深い関心を持ったカリフとして知られる。彼はバグダードに知恵の館という学校・図書館・翻訳書からなる総合的研究施設を設け、ネストリウス派キリスト教徒に命じてギリシア語文献のアラビア語への翻訳を組織的かつ大規模に行わせた。翻訳されたギリシア諸学問のうち、アリストテレスの哲学はイスラム世界の哲学、神学に大きな影響を与えた。

その後、バグダードとその周辺には有力者の手で「知恵の館」と同様の機能を有する図書館が多く作られ、学問研究と教育の場として機能した。バグダードは世界文明を紡ぎ出す一大文化センターとしての機能を果たしたのである。

マアムーンが死ぬと、836年に弟のムウタスィムが即位した。彼はマムルーク(軍事奴隷)を導入し、アッバース朝の軍事力を回復させることに努めたが、この軍はバグダード市民と対立したため、836年、バグダード北方に新首都サーマッラーを造営して遷都を行った。しかしこのころから各地で反乱が頻発するようになり、アッバース朝の権威は低下していく。第10代カリフのムタワッキル没後は無力なカリフが頻繁に交代するようになり、衰退はさらに進んだ。868年には帝国のもっとも豊かな地方であったエジプトトゥールーン朝の下で事実上独立した。

869年にカリフのお膝元であるイラクの南部で黒人奴隷が起こしたザンジュの乱は、独立政権を10年以上存続させる大反乱となり、カリフの権威を大きく損ねることとなった。

政治的混乱[編集]

9世紀後半になると、多くの地方政権が自立し、カリフの権威により緩やかに統合される時代になった。892年にはサーマッラーからふたたびバグダードへと遷都を行ったが、勢力は衰退を続けた。

10世紀になると、北アフリカシーア派ファーティマ朝が、イベリア半島後ウマイヤ朝が共にカリフを称し、イスラム世界には3人のカリフが同時に存在することになった。さらに945年、西北イランに成立したシーア派のブワイフ朝がバグダードを占領し、アッバース朝カリフの権威を利用し、「大アミール」と称し、イラク、イランを支配することとなった。

そうしたなかで、イスラム世界の政治的統合は崩れ、地方の軍事政権が互いに争う戦乱の時代となった。長期の都市居住で軍事力を弱めたアラブ人はもはや秩序を維持する力を持たず、中央アジアの騎馬遊牧民トルコ人をマムルーク(軍事奴隷)として利用せざるを得なくなる。

1055年に入ると、スンニ派の遊牧トルコ人の開いたセルジューク朝トゥグリル・ベグがバグダードを占領してブワイフ朝を倒し、カリフからスルタンの称号を許されて、イラク・イランの支配権を握ることとなった。

モンゴル襲来とバグダード・アッバース朝の滅亡[編集]

セルジューク朝の衰退後、モンゴル帝国モンケ・ハーンフレグに10万人を率いさせて、バグダードを攻略させた(バグダードの戦い1258年1月29日 - 2月10日)。1258年、当時のカリフであったムスタアスィムは僅かに2万人の軍隊を率いて抗戦したものの敗北を喫し、3人の子供と共に処刑された。その後、7日間の徹底的な略奪により、バグダードは見る影も無く破壊された。バグダードの攻略で80万人ないし200万人の生命が奪われたと言われている。ここで、国家としてのアッバース朝は完全に滅亡した。

バグダード・アッバース朝の滅亡後[編集]

カイロ・アッバース朝のカリフ存続[編集]

1261年、アッバース朝最後のカリフの叔父ムスタンスィルが遊牧民に護衛されてダマスカスに到着したとの知らせを受けたマムルーク朝第5代スルタンバイバルスは、この人物をカイロに招き、カリフ・ムスタンスィル2世として擁立した。カリフはバイバルスにアッバース家を象徴する黒いガウンを着せかけ、これをまとったバイバルスはカイロ市内を騎行したと伝えられる。これ以後、250年にわたって次々と位に就いたが、彼らはマムルーク朝に合法性を与える価値があったためスルタンのあつい保護を受けることができた。

カイロ・アッバース朝の滅亡[編集]

1517年オスマン帝国セリム1世によってマムルーク朝が滅ぼされると、最後のカリフ・ムタワッキル3世は数千人によるエジプト人アミール、行政官、書記、商人、職人、ウラマーなどをともなってイスタンブルに移住した。このとき、エジプトの民衆は深い悲しみに陥ったと伝えられる。アッバース家のカリフの存在は、2世紀をへて、エジプトのムスリムのなかに深く根を下ろすようになったとみるべきであろう。

その後、セリム1世はムタワッキル3世以降のアッバース家のカリフの継承を認めず、1543年にムタワッキル3世が死ぬとアッバース朝は完全に滅亡した。歴史家のイブン・イヤースは「セリム・ハーンが犯した最大の悪事」であると断じている。[3]

軍事[編集]

当時のバグダードの俯瞰図

首都バグダードはペルシアの円型要塞を参考にして建造されており、3重の頑丈な城壁に囲まれていた。基部の厚さ32メートル、高さ27メートルとされる巨大な主壁の内部には、100平方メートル近い広さを有する金曜モスク、高さ50メートルに及ぶ緑の巨大なドームに覆われた豪華なカリフの宮殿があった。主壁の内側と外側には鉄製の巨大な扉が設けられ、4000名の近衛軍が配置された。

アッバース朝は月給をもらう常備軍を備えた国家であった。貴族や封建騎士ではなく、官僚と常備軍に支えられた国家とは、近代ヨーロッパが理想とした国家であり、ヨーロッパではようやく19世紀になって実現した。アッバース朝はそのような体制を8世紀には実現していた。[4]

アッバース朝では中央アジアの遊牧トルコ人との交易が盛んになって以降、マムルークと呼ばれる軍事奴隷の取引が盛んになった。優れた騎馬技術を持つトルコ人の青年は、購入後に一定のイスラム教育を施され、シーア派の台頭で混乱に陥った帝国の傭兵として利用された。マムルークはカリフを初めとする各地の支配者の近衛軍になったのである。アッバース朝のマムルークの数は7万人から8万人に達し、俸給の支払いが帝国財政を圧迫するようになった。

交通[編集]

アッバース朝の大商圏を支えたのが、バグダードから伸びるホラーサーン道、バスラ道、クーファ道、シリア道の4つの幹線道路で、それぞれがバリード(駅逓)制により厳格に管理されていた。中央と地方の駅逓局が管理する道路は、幹線を中心に数百に及んでいたとされ、道路に沿い一定間隔で設けられた宿駅にはラクダ、ウマ、ロバなどが配置され、公文書の伝達が行われた。緊急の場合は伝書鳩も使われたという。道路上を公文書が行き交っただけでなく、各地の駅逓局が積極的に情報収集を行い、官吏の動静から穀物物価に至るまで種々の情報を定期的に中央政府に提供した。バグダードの駅逓庁には各地の物産、民情、租税の徴収額、官吏の状況などの膨大な情報が集められ、帝国内部の各駅までの道路案内書も作られた。そうした情報はカリフだけでなく、商人や旅行者、巡礼者も利用することができた。

農業[編集]

アッバース朝ではユーラシア規模の農作物の大交流が進み、インド以東、アフリカの農産物がイスラーム圏に広がった。南イラクではアフリカ東岸から連れてこられたザンジュと呼ばれる黒人奴隷を利用し、商品としての農作物が大量に栽培された。伝統的な農作物に加えて、米、硬質小麦、サトウキビ、綿花、レモンなどのインド伝来の栽培植物の栽培が進められたのである。技術面ではイラン高原のカナート(地下水路)を用いた砂漠、荒地の灌漑方法が西アジアから北アフリカ、シチリア島、イベリア半島に広まり、農地面積が著しく拡大した。農業の振興がイスラーム諸都市の膨大な人口を支えたのである。

経済[編集]

ディナール金貨

アッバース朝では東ローマ帝国ノミスマ金貨による金本位制とサーサーン朝による銀本位制が引き継がれ、金銀複本位制がとられていた。しかし、10世紀頃には銀を精錬するための木材不足、銀鉱脈の枯渇から、深刻な銀不足がイスラーム圏を襲うようになる。そうしたなかで、ヌビアスーダンで金の供給量が増すと、次第に金貨の比重が高まっていった。いずれにしても、金、銀の供給量は経済の拡大に追いつけず、銀行業が発展して小切手が一般化した。バグダードには多くの銀行が設けられ、そこで振り出された小切手はモロッコで現金化することが出来たといわれる。また、この時代、ムスリム商人が複式簿記を発明し、ジェノヴァヴェネツィアを経由してヨーロッパに伝わった。[5]

アッバース朝では道路、水路に沿って形成された諸都市の中心部の市場(スークバザール)が商取引の場とされた。しかし、イスラーム法による商業統制は緩やかなもので、商人の活動は比較的自由であり、商業の活性化に寄与した。帝国内の諸地域にはそれぞれの特産物があり、地中海のガレー船、北欧のヴァイキング船、インド洋のダウ船、中央アジアの、砂漠地帯のラクダというような種々の交易手段の往来が活性化し、港湾キャラバンサライ(隊商宿)というような商業施設が成長した。

イスラーム科学[編集]

アッバース朝では、東ローマ帝国への対抗意識と、アッバース家を権力の座に押し上げたペルシア社会の影響、さらには歴代カリフの個人的好みと名声への野望から、科学分野が飛躍的な発展を遂げた。ソフト面ではクルアーンを読むために必須とされイスラーム圏で事実上の共通言語としての地位を築いていたアラビア語、ハード面では唐から伝わった製紙法が科学技術の発展に決定的な影響を与えた。製紙法は751年のタラス河畔の戦いの際捕らえられた唐軍の捕虜の中に紙漉き工がいたことからアッバース朝に伝わり、757年にはサマルカンドに製紙工場が建設された。793年にはバグダードにも製紙工場ができ、イスラーム世界に紙が普及することとなった[6]

第5代カリフ、ハールーン・アッ=ラシードに仕えたジャービル・イブン=ハイヤーンは近代化学の基礎を築いた人物である。彼は塩酸硝酸硫酸の精製と結晶化法を発明し、を溶かすことができる王水を発明した。また、彼はクエン酸酢酸酒石酸の発見者であるとされる。アルカリの概念も彼が生み出した。

第7代カリフ、マアムーンに仕えたフワーリズミーは、インドとギリシアの数学を総合して代数学を確立したことで知られ、アルゴリズムの語源となった人物である。

ファザーリはインドのブラーマグプタの数学や天文学に関する著書を翻訳し、これがインドの数学、天文学の成果がイスラーム世界にもたらされるきっかけとなった。イスラーム世界でアストロラーベを最初につくったのはファザーリ親子だと言われている。

アルフラガヌスは第7代カリフ・マアムーンが組織した科学者チームの一員として、地球の直径の測定に参加した。また、水位計測器ナイロメーターの建設に関わった。

知恵の館の主任翻訳官を務めたフナイン・イブン・イスハークプラトンの『国家論』やアリストテレスの『形而上学』、クラウディオス・プトレマイオスの『アルマゲスト』、ヒポクラテスガレノスの医学書を翻訳した。

サービト・イブン=クッラペルガのアポロニウスアルキメデスエウクレイデスクラウディオス・プトレマイオスの著書を訳した。また、友愛数の発見者とされる。

シリアで活躍したバッターニー球面幾何学黄道傾斜角を発見した。月のクレーターなど多くの事物にバッターニーの名が残されている。

アル・ラーズィーは実用医学の基礎をつくった人物であり、エタノールを発見し、医療用のためにエタノールの精製も行った。コーヒーに関する最古の記録を残したことでも知られる。

イスラーム法学[編集]

初期アッバース朝時代に公認の教義とされたイスラーム法学ムータジラ学派がある。ギリシア哲学の影響を強く受けたムータジラ学派は合理主義的な法解釈に特徴がある。これを気に入ったマアムーンはムータジラ派を公認とし、それ以外の宗派を弾圧するが、合理主義的過ぎるが故に人々には受け入れられず、廃れてしまった。

文学[編集]

様々なジャンルの物語を集めた千夜一夜物語はカイロで完成されたが、その原型はバグダードで作られたといわれる。8世紀から9世紀のバグダードの繁栄ぶりと、バグダードに連なるネットワーク上で活躍した人々の姿を彷彿とさせる内容である。『ハールーン・アッ=ラシードの御名と光栄とが、中央アジアの丘々から北欧の森の奥まで、またマグレブからアンダルスシナ韃靼の辺境にいたるまで鳴り渡った』と語られているように、ハールーン・アッ=ラシードの時代の物語というかたちになっている。

この物語の国際性は帝国内各地の物語が寄せ集められたことによる。語り手のシェヘラザードはペルシア系、アリババがアラブ系、シンドバードがインド系の名前であるが、ルーミーというギリシア人、ファランジーというヨーロッパ人、ハバシーというエチオピア人、アフリカの黒人も登場する。

千夜一夜物語にはユーラシアの大ネットワーク上で活躍する商人の話が多い。バスラから荒海に乗り出した船乗りシンドバードの話は有名であり、後のロビンソン・クルーソーの冒険、ガリバー旅行記などのモデルになっている。その話はアフリカ東岸、インド、東南アジア、中国への海路を開拓した勇敢な航海士、商人たちの苦難に満ちた航海が反映されている。

10世紀には、多くの文芸作品が生まれた。サアーリビーは、同時代の優れた詩人たちとその詩風を『ヤティーマ・アッ・ダフル』で紹介している。タヌーヒーは、バグダードを中心にみずからが見聞した説話を『座談の糧』にまとめた。また、豊富な説話はマカーマという文学ジャンルも生みだした。その才能から「バディー・ウッ・ザマーン」(時代の驚異)とも評されたアル・ハマザーニーがマカーマを創始し、アル・ハリーリーが大成した。百科全書的な書籍としては、アブル・ファラジュによるアラブ音楽についての大著『歌の書』があげられる。これらは、当時の社会や文化を伝える資料としても貴重な価値をもっている。

イスラーム文明とヨーロッパ[編集]

アッバース朝では多くの物や情報が行き交い、物産の交流と共に文明の交流が進んだ。貪欲に諸地域の文化、文明を統合したムスリムはユーラシア規模の世界文明を作り出した。そうした世界文明の痕跡はアラビア語の広がりからうかがい知ることが出来る。イスラーム文明は後の十字軍の遠征によってヨーロッパに移植されてヨーロッパ文明の母胎となったのである。[7]

歴代カリフ[編集]

バグダード・アッバース朝[編集]

  1. サッファーフ(750年 - 754年)
  2. マンスール(754年 - 775年)- 首都バグダードを造営。
  3. マフディー(775年 - 785年)
  4. ハーディー(785年 - 786年)
  5. ハールーン・アッ=ラシード(786年 - 809年) - 最盛期を達成。
  6. アミーン(809年 - 813年)
  7. マアムーン(813年 - 833年) - 知恵の館を設立。
  8. ムウタスィム(833年 - 842年)
  9. ワースィク(842年 - 847年)
  10. ムタワッキル(847年 - 861年)
  11. ムンタスィル(861年 - 862年)
  12. ムスタイーン(862年 - 866年)
  13. ムウタッズ(866年 - 869年)
  14. ムフタディー(869年 - 870年)
  15. ムウタミド(870年 - 892年)
  16. ムウタディド(892年 - 902年)
  17. ムクタフィー(902年 - 908年)
  18. ムクタディル英語版(908年 - 932年)
  19. カーヒル(932年 - 934年)
  20. ラーディー(934年 - 940年)
  21. ムッタキー(940年 - 944年)
  22. ムスタクフィー(944年 - 946年)
  23. ムティーウ(946年 - 974年)
  24. ターイウ(974年 - 991年)
  25. カーディル(991年 - 1031年)
  26. カーイム(1031年 - 1075年)
  27. ムクタディー(1075年 - 1094年)
  28. ムスタズヒル(1094年 - 1118年)
  29. ムスタルシド英語版(1118年 - 1135年)
  30. ラーシド(1135年 - 1136年)
  31. ムクタフィー(1136年 - 1160年)
  32. ムスタンジド(1160年 - 1170年)
  33. ムスタディー(1170年 - 1180年)
  34. ナースィル(1180年 - 1225年)
  35. ザーヒル(1225年 - 1226年)
  36. ムスタンスィル(1226年 - 1242年)
  37. ムスタアスィム(1242年 - 1258年)

カイロ・アッバース朝[編集]

  1. ムスタンスィル2世1261年 - 1262年
  2. ハーキム1世1262年 - 1302年
  3. ムスタクフィー1世1303年 - 1340年
  4. ワースィク1世(1340年 - 1341年
  5. ハーキム2世1341年 - 1352年
  6. ムゥタディド1世1352年 - 1362年
  7. ムタワッキル1世1362年 - 1383年
  8. ワースィク2世1383年 - 1386年
  9. ムウタスィム1386年 - 1389年
  10. ムタワッキル1世1389年 - 1406年
  11. ムスタイーン1406年 - 1414年
  12. ムウタディド2世1414年 - 1441年
  13. ムスタクフィー2世1441年 - 1451年
  14. カーイム1451年 - 1455年
  15. ムスタンジド1455年 - 1479年
  16. ムタワッキル2世1479年 - 1497年
  17. ムスタムスィク1497年 - 1508年
  18. ムタワッキル3世1508年 - 1517年

脚註[編集]

  1. ^ 宮崎正勝・著 『イスラム・ネットワーク アッバース朝がつなげた世界』、1994年
  2. ^ 「イスラーム世界のジハード」(興亡の世界史 第6巻)p203-205 小杉泰 講談社 2006年11月17日第1刷
  3. ^ 佐藤次高 マムルーク 東京大学出版 P148,P176
  4. ^ 佐藤次高、鈴木薫・編 『都市の文明イスラーム』、1993年
  5. ^ 宮崎正勝・著 『知っておきたい「お金」の世界史』、2009年
  6. ^ 「シルクロード」p315 長澤和俊 講談社 1993年8月10日第1刷
  7. ^ 宮崎正勝 『世界史の誕生とイスラーム』 2009年

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]