アル・ハリーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Discussion Near a Village" アル・ハリーリーの『マカーマート』の挿絵。 (Yahya ibn Mahmud al-Wasitiによる細密画

アル・ハリーリー ( محمد القاسم بن علي بن محمد بن عثمان الحريري, Muhammad al-Qasim ibn Ali ibn Muhammad ibn Uthman al-Hariri1054年 - 1122年 ) は、ムスリムの詩人、著作家。本名はムハンマド・アル・カーシム・イブン・アリー。中世イスラーム世界で生まれた文学ジャンルのマカーマを大成した業績で知られる。ハリーリーとは「絹に関係した人」を意味するため、絹商人か絹織物師などに関係する家系とみられる。

北アラブのラビーア族の血筋で、バスラに生まれ育つ。バスラ派の言語学やシャーフィイー学派の法学を学んだほか、文学、詩学に才能をみせるようになる。バスラの北にあるミシャーンの農場の収益で生活しつつ、書記官や学者をして暮らした。

ハマザーニーが創立したマカーマに影響を受け、自身も1101年頃から『マカーマート』の執筆をはじめる。バグダードに送られた著作は次第に人気を集め、やがて広く名を知られるようになる。マカーマ文学の第一人者となってからは、遠くアンダルスから弟子入りにくる者もいたほどだった。外見には恵まれず、思索にふけると髭を引き抜く癖があったと伝えられる。

『マカーマート』以外の著書として、アラビア語の文法研究である『潜水夫の真珠』や、詩集、書簡集などがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]