フナイン・イブン・イスハーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フナイン・イブン・イスハーク(Hunayn ibn 'Ishāq、808年頃–873年頃)は、バグダードに置かれた学術機関である「知恵の館(バイト・アル=ヒクマ)」で活躍した学者。より詳しくはアブー・ザイド・フナイン・イブン・イスハーク・アル=イバーディー(أبو زيد حنين بن إسحاق العبادي, ’Abū Zayd Ḥunayn ibn ’Isḥāq al-‘Ibādī)といい、ラテン語名は Johannitius(ヨハンニティウス)。

生涯[編集]

ユーフラテス川沿いのヒーラに生まれた、アッシリア人ネストリウス派のキリスト教徒であった彼は、ギリシア語アラビア語のほかシリア語にも通じており、9世紀のアッバース朝カリフであるマームーンの時代に設けられた「知恵の館」の主任翻訳官を務めた。彼のもとでネストリウス派キリスト教の知識人が集められ、古代の医学書や哲学書の翻訳が推進された。その中にはプラトンの『国家論』やアリストテレスの『形而上学』、プトレマイオスの『シュンタクシス』、ヒポクラテスガレノスの医学書などが含まれた。翻訳にあたっては、ビザンツ帝国からも写本を購入して比較を行うなど、文献批判を通じて正確さにも留意した。

影響[編集]

こうした功績は、のちのアラブ人学者による研究の進展に大きく寄与することになった。

医学者としても活躍し、著書の『ガレノス医学入門』はラテン語訳され、中世ヨーロッパにも影響を与えている。

参考文献[編集]

  • 佐藤次高 『世界の歴史8 イスラーム世界の興隆』 1997年、中央公論社
  • 佐藤次高編 『新版世界各国史8 西アジア史Ⅰ アラブ』 2002年、山川出版社
  • 日本イスラム協会ら編 『新イスラム事典』 2002年、平凡社