カリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラム世界で承認された最後のカリフであるアブデュルメジト2世

カリフ英語: Caliph)あるいはハリーファアラビア語: خليفةkhalīfa) は、預言者ムハンマド亡き後のイスラーム共同体イスラーム国家の指導者、最高権威者の称号である。原義は「代理人」である。

カリフはあくまで預言者の代理人に過ぎないため、イスラームの教義を左右する宗教的権限やクルアーン(コーラン)を独断的に解釈して立法する権限を持たず、かわりにこれらはウラマーたちの合意によって補われ、ただイスラーム共同体の行政を統括し、信徒にイスラームの義務を遵守させる役割しか持たない。

歴史[編集]

西暦632年にムハンマドが死去した後、イスラーム共同体の指導者としてアブー・バクルが選出され「使徒代理人」(ハリーファ・ラスール・アッラーフ)を称したことに始まる。2代目のカリフとなったウマルは「信徒たちの長」(アミール・アル=ムウミニーン)という称号を採用し、カリフの称号とともに用いられるようになった。

その後、ウスマーンアリーに受け継がれ、ウマイヤ朝アッバース朝に世襲されてゆく過程でハワーリジュ派シーア派などがカリフの権威を否定して分派し、従うのはスンナ派のみになった。その後10世紀にアッバース朝のカリフがアミールに政権を委ねるようになるとカリフは実権を失って、アミールやスルタンの支配権を承認し代わりに庇護を受け入れるだけの権威に失墜した。さらにファーティマ朝後ウマイヤ朝もカリフを称するようになって、スンナ派全体に影響力を及ぼすことさえ出来なくなった。1258年にはモンゴル帝国によってアッバース朝のカリフが見せしめとして処刑され、アッバース朝は滅亡したものの、マムルーク朝は生き残ったアッバース家の者を首都カイロに迎え新たにカリフとして擁立し、外来者であるマムルーク出身のスルタンに支配の正当性を与える存在として存続させた。1517年、マムルーク朝がオスマン帝国に滅ぼされると、カリフは廃位された。

オスマン朝は当初、カリフ位の権威に頼らずとも実力をもってスンナ派イスラム世界の盟主として振舞うことができたが、18世紀の末頃から19世紀にかけて、ロシアなどの周辺諸国に対する軍事的劣勢が明らかになると、オスマン帝国内外のスンナ派ムスリムに影響を及ぼすために、カリフの権威が必要とされるようになった。そこで、16世紀初頭にオスマン帝国のスルタンはアッバース家最後のカリフからカリフ権の禅譲を受け、スルタンとカリフを兼ね備えた君主であるという伝説が生まれた(スルタン=カリフ制)。しかし、オスマン帝国の滅亡によって、オスマン家のスルタン=カリフは1922年に退位し、スルタン制が廃止された。インドや中央アジアのムスリムやクルド人は、精神的支柱としてのカリフ制の存続を強く望んでいたが、ムスタファ・ケマル・アタテュルクによって1924年にカリフ制も廃止された。アブデュルメジト2世がイスラム世界で承認された最後のカリフとなる。

同年、預言者ムハンマドに連なるハーシム家出身であったヒジャーズ王国の王、フサイン・イブン・アリーがカリフを名乗ったが、イスラム世界で承認されることはなかった。

また、2014年には、イラクシリア両国にまたがる地域を掌握したイスラム過激派組織「イラクとシャームのイスラーム国」が、支配地域における「イスラーム国」の建国と、指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーのカリフ即位を宣言した。しかし、この即位についても、現時点では、イスラム社会を含め国際社会で承認する動きはない。

カリフの条件[編集]

スンナ派イスラーム法学者によれば、一般にカリフの資格として求められるのは次のような条件である。

  • 男性であること
  • 自由人であること
  • 成年者であること
  • 心身両面で健全であること
  • 公正であること
  • 法的知識を持つこと
  • 賢明であること
  • イスラームの領土の防衛に勇敢かつ精力的であること
  • クライシュ族の男系の子孫であること

ただし現実には、これらの条件のいくつか(成年者であることなど)はしばしば無視された。例えばオスマン帝国はテュルク系の部族によって設立された王朝であるためムハンマドの部族であるクライシュ族の男系であることはありえない。またハワーリジュ派ムータジラ派は「たとえ奴隷や黒人であっても」全てのイスラーム教徒がカリフたりうると主張した。

関連項目[編集]