メフメト6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メフメト6世
Mehmed VI
オスマン帝国第36代皇帝
Mehmet VI Vahidettin.jpg
在位 1918年7月3日 - 1922年11月1日
戴冠 1918年6月4日
出生 1861年1月14日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イスタンブールベシクタシュ
死去 1926年5月16日
イタリア王国の旗 イタリア王国サン・レモ
埋葬  
Flag of Syria French mandate.svg シリアダマスカス、スレイマンのテッケ・モスク
配偶者 エミネ・ナジケダ・マルジム=アバザ
  カディン・エフェンディ
  インシラ・カディン・エフェンディ
  サディイェ・メヴェデド・カディン・エフェンディ
  ネヴァレ・カディン・エフェンディ
  ニミト・ネヴザド・カディン・エフェンディ
子女 メフメト・エルトゥールル
王家 オスマン家
父親 アブデュルメジト1世
母親 ギュルチェマル・スルタン
宗教 イスラム教スンナ派
サイン Tughra of Mehmed VI.JPG
テンプレートを表示

メフメト6世(Mehmed VI, Mehmed Vahdettin, 1861年1月14日 - 1926年5月16日)は、オスマン帝国の第36代(最後)の皇帝(在位:1918年 - 1922年)。第31代皇帝アブデュルメジト1世の子。第33代皇帝ムラト5世、第34代皇帝アブデュルハミト2世、第35代皇帝メフメト5世の弟。

生涯[編集]

連合国との講和と帝国の崩壊[編集]

メフメト6世

1918年7月、兄メフメト5世の死去により後を継いで即位した。しかし兄と同じく皇帝としての実権は無いに等しく、この頃のオスマン帝国は第一次世界大戦中央同盟国側に与して戦況不利に陥っていた。

1918年10月30日連合国側とムドロス休戦協定を結んでオスマン帝国は連合国に降伏し、イスタンブルは連合国に占領されてしまった(イタリアアンタリアコンヤフランスキリキアギリシアイズミルをそれぞれ占領)。

この協定によりアルメニア人によるアルメニア共和国が建国されることとなり、オスマン帝国は実質的に滅亡したに等しい状態となってしまった。また、それまで政治の実権を握ってきた統一と進歩委員会は敗戦と同時に解体し、指導者層の多くが国外に逃亡するに至った。

そして、このような国家の危機を見たムスタファ・ケマル・パシャ(後のアタテュルク)らが民族的抵抗運動を開始し、エルズルムスィヴァスで東方諸州会議を召集して「国民盟約」を作り上げたのである。

希土戦争(ギリシャ・トルコ戦争)[編集]

メフメト6世(トプカプ宮殿博物館蔵)

1919年ギリシャアナトリアの支配を目論んでトルコ領のイズミルに出兵し、希土戦争が勃発した。これに対して、ムスタファ・ケマルは徹底抗戦し、1920年4月にはムスタファ・ケマル一派により「大国民議会」が結成された。

しかし、メフメト6世はこれを承認せず、逆にムスタファ・ケマルを逆賊として死刑にするように宣告した上で、「カリフ擁護軍」と呼ばれる部隊を組織して、ムスタファ・ケマル一派の鎮圧に乗り出すなどの抵抗を示した。

8月にはセーヴル条約が結ばれたが、ムスタファ・ケマルはこの批准に反対し、国家を救うために独自の行動を取り始める。アナトリアに進撃してギリシア軍を破り、次いでアルメニア人を弾圧・虐殺した。

1921年にはアナトリア西部に進出してギリシア軍を再度破り、1922年にはイズミルをギリシアから奪い返すに至ったのである。これにより、希土戦争はトルコの勝利で終わった。

オスマン帝国の滅亡とトルコ共和国の成立[編集]

1922年11月、ドルマバフチェ宮殿を後にするメフメト6世。この写真が撮られてから数日後、英国の戦艦でサンレモに亡命した

そして、1922年11月1日トルコ革命が発生し、ムスタファ・ケマルは大国民議会をアンカラに召集して帝政の廃止を宣言する。廃帝となったメフメト6世にはこれに抗する術は無く、17日にイギリスの軍艦でマルタ亡命した。

ここに、623年間続いたオスマン帝国は滅亡するところとなり、ムスタファ・ケマルは大統領に就任し、トルコ共和国が成立するに至ったのであった。

メフメト6世は宮殿を去る際に「ハレムにはかわいい5人の妻が残っているから連れ出してくれ」と言ったといわれている。

1926年5月16日、メフメト6世はイタリアのサン・レモで65歳で死去した。遺骸はダマスカスの「壮麗者スレイマンのテッケ」の中庭に埋葬された。

関連項目[編集]

先代:
メフメト5世
カリフ
1918年 - 1922年
次代:
アブデュルメジト2世