フサイン・イブン・アリー (マッカのシャリーフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フサイン・イブン・アリー

フサイン・イブン・アリー(حسين ابن علي Ḥusayn ibn `Alī、1853年 - 1931年6月4日)はマッカシャリーフ(在位:1908年 - 1916年)でオスマン帝国からのアラブ独立運動の指導者。のちヒジャーズ王国国王(在位:1916年 - 1924年)、カリフ(在位:1924年)。

生涯[編集]

フサインはマッカ(メッカ)のハーシム家(厳密に言うと、4代目正統カリフアリー・イブン・アビー=ターリブの長男ハサン・イブン・アリーの子孫であるハサニ-家)に生まれ、1893年から1908年まではオスマン帝国のスルタンアブデュルハミト2世の命によりイスタンブルに住む。

1908年の青年トルコ人革命後、同年中にフサインはイスタンブルでの生活から解放され、マッカのアミール(太守)に任じられた。当時、マッカを中心とするヒジャーズはオスマン帝国支配下にあって半自治的な位置づけにあった。ヒジャーズを支配するのがシャリーフで、一般にはイスラームの預言者ムハンマドの子孫のことをいうが、マッカのアミール(太守)はシャリーフから任じられたので、マッカのアミールをさして単にシャリーフという。

第一次世界大戦中の1915年イギリスカイロ駐在の高等弁務官・マクマホンと書簡を交換し、オスマン帝国に反旗を翻すときに支援するという協定「フサイン=マクマホン協定」を結んだ。そして、4人の息子と共に「アラブの反乱」を起こして1916年、独立を果たす。このときフサインはイラクシリア・アラビア半島を含む大アラブ王国を構想していたが、イギリスはすでにサイクス・ピコ協定によりこの地域をフランスとともに分割する方針を決めており、アラビア半島のみのヒジャーズ王国を創始することになったのである。

1920年3月8日に三男ファイサル1世シリア・アラブ王国英語版独立すると、それに呼応したかに見えた3月16日アタテュルク率いるアンカラ政府英語版ソ連との電撃的な単独講和条約であるモスクワ条約締結によって、イギリス・フランスはサン・レモ会議英語版1920年4月19日 - 4月26日)開催を余儀なくされ、アラブ地域におけるフランス及びイギリスの委任統治範囲が決定され、8月10日に旧連合国とオスマン帝国(イスタンブル政府)とのセーブル条約締結をもってイギリスの援助が途絶えた。三男ファイサル1世1920年7月28日シリア・アラブ王国英語版からの追放や1922年から1924年にかけてのイギリス=イラク条約英語版への反対、1922年10月11日ムダニヤ休戦協定英語版締結後はオスマン帝国の脅威が消滅したことなどで、ハーシム家の存在感はイギリス・フランスにおいて埋没していた。

イスラーム世界における権威を求め、1924年3月3日オスマン家アブデュルメジト2世アタテュルク率いるアンカラ政府英語版によってカリフを廃位させられた2日後にカリフに即位する。しかし、殆どのイスラム世界に広く受け入れられず、オスマン帝国最後の皇帝メフメト6世が支持を表明したぐらいで[1]、カリフ位を理由として重税を課したためにヒジャーズ内部からも広範な反対を招くことになり、在地勢力からも見捨てられる。

さらに以前からメッカ巡礼による経済効果とイスラム原理主義のひとつであるワッハーブ派のイマームとしての立場から聖地併合を希求していたナジュドスルタンイブン・サウード(のちのサウジアラビア王国初代国王)に侵攻の大義名分を与えてしまい、マッカを奪われて孤立無援となる(en:Saudi conquest of Hejaz1924年9月 - 1925年12月)。さらに国民からフサインよりもサウード家が講和に応じる可能性が高い長男アリー・イブン・フサイン英語版への譲位を要求されて、初めアカバに逃れるが、ワッハーブ軍がこの地に来ることを嫌がったイギリスによりさらにキプロス島への亡命を余儀なくされた。譲位のかいなくヒジャーズ王国そのものも翌1925年には滅び、ヒジャーズ王国はわずか9年で終わりを告げた。なお1926年、アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードがヒジャーズ王に即位する。

1930年、キプロス島で病に倒れると次男アブドゥッラー・イブン・フサインの治めるトランスヨルダンのアンマンへ移り、翌1931年、同地で死去した。遺体はエルサレムに葬られた。

フサインの三男ファイサル・イブン・フサインイラクに、次男アブドゥッラー・イブン・フサイントランスヨルダンアミール(のちにヨルダン)に、それぞれイギリスによって立てられている。現在のヨルダン王家の直接の祖である。

家族[編集]

  • アリー・イブン・ムハンマド
    • マッカのシャリーフの一族であったが、マッカのシャリーフに就任することはなかった。

息子

  • 長男アリー・イブン・フサイン(生没年1879-1935/ヒジャーズ王)
  • 次男アブドゥッラー・イブン・フサイン(生没年1882-1951/ヨルダン王)
  • 三男ファイサル・イブン・フサイン(生没年1885-1933/イラク王)
  • 四男ザイド・イブン・フサイン(1971年病死)

人物、逸話[編集]

「砂漠の豹 イブン・サウード」(ブノアメシャン著)では、フサインの母はチェルケス人でトルコ人高官の娘を妻としたとの記載がある。また「知恵の七柱」では4男のザイドを[ファイサルの異母弟で母はトルコ人]と記述されていることからこのトルコ人の母はフサインの後妻でザイドの生母と思われる。

フサインはアラブの独立についてイギリスやフランスと一切妥協しなかった。このため、欧米側の資料ではわからずやの頑固爺のように扱われ、中傷された。なお、頑固で意思が強かったことは次男のアブドゥッラーの著書にもあると言う。フランスについては当初から野心を警戒していたが、イギリスについてはその野心を見抜けず、戦後の英仏による中近東分割以降はイギリスとの関係は悪化する。

ヨルダンで発行されている1ディナール紙幣に肖像が使用されている。

出典[編集]

  1. ^ Teitelbaum, Joshua (2001). The Rise and Fall of the Hashimite Kingdom of Arabia, p.240, London: C. Hurst & Co. Publishers. ISBN 978-1-85065-460-5

参考文献[編集]