ムスタディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムスタディー1142年 - 1180年)は、アッバース朝の第33代カリフ(在位:1170年 - 1180年)。

第32代カリフ・ムスタンジドの子。1170年に父が暗殺されると、重臣から擁立されて跡を継いだ。即位に際して父の寵臣イブン・アルバラディーを処刑、アルバラディーの政敵であるアドゥド・アッディーンを宰相(ワズィール)に任じ、アドゥド・アッディーンの専横が目立つようになると、一度彼を更迭した。再び宰相に登用したアドゥド・アッディーンがニザール派の刺客に暗殺された後、商人出身のイブン・アルアッタールを宰相に起用した。アイユーブ朝サラディンスルターンとしての承認を求めてきたときは、これを了承した。

1180年に死去。跡を子のナースィルが継いだ。

関連文献[編集]

  • 『岩波イスラーム辞典』(岩波書店、2002年2月) - アッバース朝の歴代カリフの系図が収録されている

参考文献[編集]

  • イブン・アッティクタカー『アルファフリー―イスラームの君主論と諸王朝史』2巻(池田修、岡本久美子訳、東洋文庫、平凡社、2004年9月)
先代:
ムスタンジド
アッバース朝
1170年 - 1180年
次代:
ナースィル