ムスタンスィル2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムスタンスィル2世アッバース朝の第38代カリフ(在位:1261年 - 1262年)で、カイロ・アッパース朝の初代カリフである。バグダード・アッパース朝第37代カリフムスタアスィムの叔父にあたり、モンゴル軍のバグダード征服の後、カイロに身を寄せ、モンゴルと戦っていたマムルーク朝の庇護を受ける。バイバルスの庇護下でカリフに即位し、1262年に没した。後継者が居なかったため、ムスタンスィル2世の死後は、傍系であるアッバース朝第30代カリフ、ラーシドの子孫ハーキム1世がカリフ位を継承した。

先代:
ムスタアスィム
アッバース朝
1261年 - 1262年
次代:
ハーキム1世