族誅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

族誅(ぞくちゅう)は、中国権力闘争に敗れたものを一族全員虐殺すること。もしくは九族皆殺しとも呼ばれる。

の時代に始まり、の時代になって拡張され、の時代までみられた。また、属国の朝鮮ベトナムでも行われた。日本では、江戸時代まで敵対者の一族郎党を全員処刑する例があった。[要出典]

中国では古来[いつ?]から「罪は九族に及ぶ」とされており、族誅には親族にまで連帯責任を負わせることによる犯罪抑止、そして遺族の遺恨を根こそぎ断つ目的があったと言われる[誰によって?]

三族[編集]

資料[要出典]によって見解は異なる。

各説[要出典]によれば、本人と、

  • 妻、父母
  • 妻、父母と兄弟
  • 父、子、孫

までを処刑すること、とされる。

九族[編集]

こちらも資料[要出典]によって見解が異なるが、9親等(高祖父、曾祖父、祖父、父、本人、子、孫、曾孫、玄孫)までを処刑することとされる。

十族[編集]

方孝孺は、建文帝に重用された恩義から永楽帝の帝位を認めなかったため、面前で一族800人余りを処刑されたのち自身も処刑され、著作をすべて焼き捨てられた上に彼の門下生までも処刑・流罪となった。この事件は「滅十族」と呼ばれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]