ムスタンスィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムスタンスィル(アラビア語: المستنصر بالله ابو جعفر منصور al-Mustanṣir bi-Allāh Abū Ja?far Manṣūr、1192年 - 1242年12月5日)は、アッバース朝第36代のカリフ(在位1226年 - 1242年)である。ザーヒルの子。

人物[編集]

1226年、父の死後に即位する。彼の治世は平穏であり、隊商の宿泊施設を多く建設して交易を促進したことで物資が領内に行き渡った。この頃になるとモンゴル帝国の進出がイラクにまで広がるようになり、ムスタンスィルはモンゴル戦を聖戦として戦おうとしたが、その用意を整えている大事なときになって急死した。[要出典]

敬虔なカリフとして知られ、モスクマドラサを多く建設した。1234年バグダードの市内に創建されたムスタンスィリーヤ学院は、単一の法学派のための施設だったそれまでのマドラサと異なり、はじめてスンナ派4大法学派すべての講義が行われた。おりしもモンゴルの中央アジアイラン侵攻という難関の時期であり、祖父ナースィルが目指した全ムスリムに対するカリフの強力なリーダーシップの復興という理念を受継ぐ彼の志向を反映したものだろうと言われている[誰によって?]

参考文献[編集]

  • イブン・アッティクタカー『アルファフリー―イスラームの君主論と諸王朝史』2巻(池田修、岡本久美子訳、東洋文庫、平凡社、2004年9月)

関連項目[編集]

先代:
ザーヒル
アッバース朝
1226年 - 1242年
次代:
ムスタアスィム