カラーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カラームkalam アラビア語: علم الكلام‎)は、イスラム教における神学(イスラム神学)、弁証法による神学上の思索を示す語である。

元々はアラビア語で「言語/ことば」を意味する語であったが、アッラーの言葉(もしくは言葉の神性)を議論の対象として取り上げたこと、またこの語が「議論」「討論」という意味をもつようになったことから、「議論と証拠をもって信仰を確立し、信仰上の疑問を払いのける学問」として用いられるようになった。