エ・テメン・アン・キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯32度32分11秒 東経44度25分15秒 / 北緯32.53639度 東経44.42083度 / 32.53639; 44.42083

エ・テメン・アン・キシュメール語É.TEMEN.AN.KIEtemenanki)(「天と地の基礎となる建物」という意味)は、メソポタミア文明の中でも最古の文化を築いたと言われるシュメール人が建設を開始し、工事が中断していた物を、カルデア人の王国である新バビロニア王国時代に、紀元前7世紀ナボポラッサル王が再建に着手し、紀元前6世紀ネブカドネザル2世王の時に完成した、バビロンマルドゥク神殿エサギラ)の中心部に築かれたジッグラト(聖塔)のこと。

底面約91m×約91m、高さ約90m(高さは推定)の7層建てであり、各層が七曜を表し、1階が土星、2階が木星、3階が火星、4階が太陽、5階が金星、6階が水星、7階が月であった。これはバビロニア天文学では、地球から遠い順に、「土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月」と考えられていたことに基づく。各層には神室があり、頂上(7階)には神殿(至聖所)があったと推測される。

これらのことは、シェーンコレクション(ノルウェーの実業家マーティン・シェーン(Martin Schøyen)が設立した書物収集団体)が所有する、紀元前604年〜562年頃の黒い石碑に刻まれた碑文と絵と、現在はバビロンの遺跡にわずかに残る遺構から判明している。

現代の学者(Stephen L. Harris、カリフォルニア州立大学サクラメント校)などによれば、旧約聖書創世記」のバベルの塔挿話は、バビロン捕囚時代に、エ・テメン・アン・キに影響されたと考えられている。

参考文献[編集]

  • 清水義範「ああ知らなんだこんな世界史」、毎日新聞社、2006、ISBN4-620-31776-4

関連項目[編集]