エサギラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯32度32分2秒 東経44度25分17秒 / 北緯32.53389度 東経44.42139度 / 32.53389; 44.42139 エサギラÉsagila)は、バビロン エ・テメン・アン・キの南にあった、マルドゥクを奉る寺院

名称[編集]

シュメール語:「屋根が高い寺院(「エ」É (temple)[1]

概要[編集]

クセルクセス1世は、紀元前482年洪水時にエサギラ寺院から取り除いた像を所持。 
アレクサンドロス3世は修復を命じ、紀元前2世紀には楔形文字で記された書物などバビロニア文化の保存場所であったが、パルティア統治下紀元前1世紀には衰退。

参照・外部リンク[編集]

  1. ^ W. F. Albright, reviewing Friedrich Wetzel and F. H. Weissbach, Das Hauptheiligtum des Marduk in Babylon: Esagila und Etemenanki in American Journal of Archaeology 48.3 (July, 1944), p. 305f.