セム語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セム語派
話される地域: 西アジア北アフリカ
言語系統: アフロ・アジア語族
 エリトリア語派
  ノルエリトリア諸語
   北アフロアジア諸語
    セム語派
下位言語:
東方セム語(消滅)
Hamito-Semitic languages.jpg

アフロアジア語族の分布(橙色がセム語派

セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。

言語学における沿革[編集]

「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者英語版アウグスト・シュレーツァー英語版によって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた[1]

かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族ウラル・アルタイ語族と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた[2]。今では語族としては扱われなくなっている[要出典]

特徴[編集]

文法性の存在、形容詞の変化、子音のみの単語に母音を差し込んで造語する等、インド・ヨーロッパ語族との親族関係が指摘されているが、立証はされていない。

今日ふつうに話されているセム語は、アラビア語アムハラ語ヘブライ語ティグリニャ語であるが、アルファベット楔形文字等、歴史に関係する重要な言語・文字も多く、また旧約聖書コーランなど宗教に関する重要な書物もある。ヘブライ語やアラビア語は右から左に記述するがアムハラ語は左から右に記述する。

下位分類[編集]

[編集]

  1. ^ 平凡社 『世界大百科事典』「セム語族」の項。
  2. ^ 三省堂『言語学大辞典』第2巻は「セム語族」と記し、『オックスフォード言語学辞典』の日本語版(2009年)は Semitic を「セム語族」と翻訳している。一方、デイヴィッド・クリスタル『言語学百科事典』の日本語版(1992年)は「セム語派」と翻訳している。

関連項目[編集]