ウラル・アルタイ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウラル・アルタイ語族(ウラル・アルタイごぞく)は過去に考えられていた言語の分類の一つであり、かつては、印欧語族、セム・ハム語族(現在のアフロ・アジア語族)とともに世界の3大語族とされていた。現在、ウラル・アルタイ語族という言語学上の分類はされておらず、ウラル語族アルタイ諸語の関連性が否定され、別々に扱われている。ウラル・アルタイ語族(アルタイ諸語)に日本語朝鮮語を含める説もあった。

共通の特徴としては、膠着語であり、SOV語順(例外もある)、母音調和があることが挙げられる。

しかし共通する基礎語彙は(ウラル語族内の共通語彙を除いて)ほとんどなく、上の特徴も地域特性(言語連合)である可能性が高い。そのため現在は、それぞれウラル語族、アルタイ諸語に分類されている。