デネ・エニセイ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17世紀のデネ・エニセイ語族の分布

デネ・エニセイ語族(デネ・エニセイごぞく、Dené–Yeniseian languages)は2008年にエドワード・ヴァイダが発表した説に基づく語族名。既存のナ・デネ語族エニセイ語族 (Yeniseian languagesからなる。仮にこの学説が正しいとすると、ベーリング海を挟んで分布するエスキモー・アレウト語族を除いて、アジア大陸アメリカ大陸との間の言語的連続が初めて証明される事となる。

比較[編集]

ケット語 ナバホ語
stone(石) təˀs tsé
foot(足) kiˀs (a)keeʼ
old(古い) sīn sání
snake(蛇) tìɣ tłʼiish

Vajda, Edward J. (2010) より

出典[編集]

  • Vajda, Edward (2008). A Siberian Link with Na-Dene Languages
  • Vajda, Edward J. (2010). "A Siberian Link with Na-Dene Languages." The Dene–Yeniseian Connection, ed. by J. Kari and B. Potter, 33–99. Anthropological Papers of the University of Alaska, new series, vol. 5. Fairbanks: University of Alaska Fairbanks, Department of Anthropology.
  • Dene-Yeniseic Symposium, Alaska Native Language Center, University of Alaska, Fairbanks.

関連項目[編集]