北西コーカサス語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北西コーカサス語族(またはアブハズ・アディゲ語族)は、北コーカサス西部で話されているアディゲ語アバザ語カバルド語グルジア国内のアブハジア自治共和国で話されているアブハズ語、すでに死滅したウビフ語の5つの言語から成る。チェチェン語アヴァル語などを含む北東コーカサス語族(ナフ・ダゲスタン語族)との系統関係が有力視されている。

3つの下位グループに分けられる。

  • チェルケス語派――アディゲ語(西チェルケス語)、カバルド語(東チェルケス語)
  • アブハズ・アバザ語派――アブハズ語、アバザ語
  • ウビフ語

ウビフ語は、1992年トルコに暮らしていた最後の話者が亡くなり、死語となった。約4万人の話者を持つアバザ語も消滅が危惧される。

どの言語も、子音の数が非常に多いのに対して(ウビフ語は83の子音を持つ)、母音の数が少ないのが特徴的である。また、なべて膠着語であり、能格型の格標示を行う。

関連項目[編集]