タイ・カダイ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ・カダイ語族
話される地域: 中国南部海南島
インドシナ, インド北東部
言語系統: 世界の基本となる語族の一つ。オーストロネシア語族やシナ・チベット語族との類似点が提唱されている。
下位言語:
ISO 639-2639-5: tai
Taikadai-en.svg

タイ・カダイ語族の分布図

  カダイ
  カムスイ
  オンベ
  リー語派
  北タイ
  中央タイ
  南西タイ

タイ・カダイ語族は、東南アジアタイラオスベトナム)から中国南部で話される言語語族であり、代表的なものとしてタイ語ラーオ語があり、その他多数の少数民族の言語を含む。

タイ・カダイ諸語(カム・タイ語群とも)をシナ・チベット語族シナ語派およびチベット・ビルマ語派、ならびにミャオ・ヤオ諸語(ミャオ・ヤオ語族)と合わせて、シナ・チベット諸語と呼ぶこともある[1][2]従来はシナ・チベット語族の一部とされたが、現在では独立の語族とするのが普通である。一部にはオーストロネシア語族と併せる意見、あるいは海南島などの一部言語だけはオーストロネシア語族の系統だとする意見もあるが、一般に認められたものではない[要出典]

中国南東部で特に多様性があり、この付近が故地と考えられる。タイ・ラオスには歴史時代に入ってから雲南省方面から住民が移住したのであり、それまでこの付近はオーストロアジア語族住民で占められていた。

基本的に単音節的孤立語声調言語であり、語順はSVO型で、修飾語は被修飾語のあとにつくのが普通である。これらの性質は中国から東南アジア大陸部の広い範囲の言語と共通するが、これは系統的な性質というより、地域特性(言語連合)と考えられる。

ベトナム語も似た性質を持っているが、基本的にはオーストロアジア語族である(タイ・カダイ語族の強い影響を受けて変化した)と考えられている。

分類[編集]

Edmondson & Solnit(1997)による分類を以下に掲げるが、確定した分類ではない。

話者数[編集]

言語名 話者数 備考
タイ語(泰語) 4600–5000万人 方言:北タイ語 600万人
ラーオ語(老撾語) 約3180万人
チワン語(壮語) 1800万人
シャン語(撣語) 330万人
プイ語(布依語) 265万人
トン語(侗語) 150万人
タイー語(岱依語) 148万人
リー語(黎語) 70万人
黒タイ語またはタイ・ダム語(傣擔語)(en) 約70万人
タイ・ルー語(傣仂語)(en) 67万人
オンベ語(臨高語)(en) 60万人
タイ・ヌア語(傣哪語)(en) 36万人
スイ語(水語)(en) 34万6千人

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座 言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、橋本萬太郎ら共著(大修館書店)
  2. ^ 『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)