メアンキエリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアンキエリ
meänkieli
話される国 スウェーデンの旗 スウェーデン
地域 トルネ谷
話者数 4万人から7万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 スウェーデンにおける少数派言語
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 fiu
ISO 639-3 fit
テンプレートを表示

メアンキエリ (meänkieli) は、スウェーデンの最北部・トルネ谷周辺で話されるフィンランド語方言である。メアンキエリ (Meänkieli) とは「我々の言語」の意。

言語学的には、フィンランド語のうち西フィンランド方言に属する「極北方言」の、更に小さな2つの方言「トルニオ方言」と「イェリバレ方言」からなる(前者はトルネ川フィンランド側でも話されている)。政治的・歴史的な理由から、スウェーデン国内では少数派の言語となっている。今日のスウェーデンでは、政府からメアンキエリと呼ばれているが、一般的な(そして古い)呼称はそのまま「トルネ谷フィンランド語」を意味する「トルネダール・フィンランド語」 (tornedalsfinska) である。

メアンキエリは、フィンランド語における近代(19世紀から20世紀)の発展の影響を受けていないことが顕著である。メアンキエリにも、日常生活に関するスウェーデン語からの借用語は多く含まれているが、他のフィンランド語方言と比較してもその割合が例外的に高いということはなく、ラウマ方言とおおよそ同じ程度である。メアンキエリには、標準フィンランド語にあるのうち、共格具格の2つが欠落している(これらの格は、フィンランドでは主に公的・文学的な文章で用いられる)。フィンランドでは、メアンキエリは通常北部の方言とされる。イェリバレ地方で話されるメアンキエリの方言は、標準フィンランド語との差異がより大きい。

言語名別称[編集]

  • Torne Valley Finnish
  • Finnish, Tornedalen(トルネダール・フィンランド語)
  • North Finnish
  • Meänkieli(メアンキエリ)
  • Tornedalsfinska

方言[編集]

  • Gällivare Finnish (fit-gal) (イェリバレ
  • Torne Valley Finnish (fit-tor) (トルネ谷)
  • Vittangi Finnish (fit-vit) (ビッタンギ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]