カマス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマス語
話される国 ロシア
民族 カマス人
消滅時期 1989年
言語系統
ウラル語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
xas — カマス方言・コイバル方言
zkb — コイバル方言
Linguist List zkb
テンプレートを表示

カマス語(Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語セリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアウラル山脈の東側でカマス人によって話されていた。

「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人サモエード人ハカス人エニセイ人 の混合体である。

脚注[編集]

  • Britannica, 1984 Edition, Vol. 18, p. 1025
  • Wixman, Ronald. The Peoples of the USSR. p. 109

外部リンク[編集]