バルト・フィン諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルト・フィン諸語ウラル語族フィン・ウゴル語派に含まれる言語群。単にフィン諸語と呼ぶこともある。スカンジナビア東部、バルト海東岸、ロシア北西部で話される。主要な言語としてはフィンランド語エストニア語がある。現在の話者は7百万人ほど。ロシア領内イングリア地方の少数民族の言語も含まれ、特にリヴォニア語母語話者が死去、ヴォート語の話者も100人足らずとなり、危機に瀕しているロシア語が拡がる前はこの地方一帯の土着言語であったと思われる。

特徴[編集]

ウラル語族の他の言語と同様に基本的には膠着語であり、動詞名詞接尾辞が膠着することで変化する。しかしバルト・フィン諸語では膠着に伴い、語幹の子音が変化する「子音階梯交替」が発達しており、その結果屈折語に近づいている。また母音調和があるが、リヴォニア語、エストニア語、ヴェプス語では衰退している。音韻論的には長母音二重母音が発達している。

分類[編集]

およそ次の言語に分けられる。ただし中間的な方言などもあり、厳密な区分ではない。

バルト・フィン諸語は上位分類として、フィン・サーミ諸語(サーミ語を含む)、フィン・ヴォルガ諸語、さらにフィン・ペルム諸語に入れられる。ただしこれらの分類についてはいずれも議論が多く、系統的分類(語派)とは言えない。