ウラル語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラル語族
話される地域: 北欧東欧北アジア
言語系統: アルタイ諸語ユカギール諸語などとの関係性が考えられたこともあったが、現在では否定されている。
下位言語:
ISO 639-5: urj
Uralic-Yukaghir.png

ウラル語族の分布図(ただし、ピンク色はユカギール諸語の分布であり、ウラル語族に含まれない)

ウラル語族(ウラルごぞく)は、シベリア北アジア)中北部、北ヨーロッパ東ヨーロッパに話者地域が分布する語族である。約2,500万人に話されている。フィン・ウゴル語派サーミ語フィンランド語エストニア語など)、サモエード語派ネネツ語など)に大別できる。

かつてはアルタイ語族とあわせて、ウラル・アルタイ語族を構成するという説もあったが、現在は否定されている。

語派[編集]

ウラル語族とされる言語は以下の通り。

特徴[編集]

ウラル語族に属する言語には次の特徴がある

なお語順は東部は主にSOV型、西部は主にSVO型である。

関連項目[編集]