ミャオ・ヤオ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
分布図 赤:ミャオ語、紫:ヤオ語

ミャオ・ヤオ語族(-ごぞく)は中国南部から東南アジア北部の山岳地帯に分布する少数民族言語からなる語族である。代表的な言語としてミャオ語ミャオ族)とヤオ語ヤオ族)、さらにシェ語福建などに住むシェ族)がある。この地域には、シナ・チベット語族タイ・カダイ語族に属する言語が多く、これらに比べるとミャオ・ヤオ語族の言語数・話者数ははるかに少ない。

かつてはシナ・チベット語族に含められたが、現在では別の語族とされる。故地は中国中部から南部と考えられる。この語族の住民は現在、中国南部の雲南貴州広西湖南湖北四川などの地域に多く住んでいるが、歴史的には漢民族に圧迫されて南に移動したといわれており、現在ではさらに南のタイミャンマーラオスベトナムの山岳地帯にも住んでいる。

単音節的な孤立語で、声調言語である。特に声調は多数あって、周辺諸言語の声調は本語族の影響で成立したものではないかとの考えもある。