エスキモー・アレウト語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスキモー・アレウト語族
話される地域: アラスカカナダ北部、ヌナビクヌナツィアブト, グリーンランド、東部シベリア
言語系統: 極北寒冷地の民族の話す言語。古シベリア諸語との関係も考えられている。
下位言語:
ISO 639-5: esx
Eskimo-Aleut langs.png

エスキモー・アレウト語族の分布図

エスキモー・アレウト語族(エスキモー・アレウトごぞく、Eskimo-Aleut ごぞく)は、アメリカ・インディアン諸語の中の言語グループの一つで、主にグリーンランドカナダ北部、アラスカロシア極東最東部に話者がいる。エスキモーとして知られるカナダのイヌイットやアラスカ~シベリアのユピクアリューシャン地域のアレウト人らの母語・アレウト語である。これらの言語はいずれも話者が減少傾向にあり、保存の必要性がさけばれている。

分類[編集]

大きくエスキモー諸語(ユピック・イヌイット諸語)とアレウト諸語に分かれる。

エスキモー諸語は伝統的にイヌイット語ユピック語の2系統に分類されていたが、最近の研究ではエスキモーの言葉はユピックの言語の一方言の延長ではないかとする説が出てきている。

特徴[編集]

包合語(複統合的言語)である。能格言語である。

関連項目[編集]