パプア諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤色がパプア諸語の分布域。黄褐色はオーストロネシア語族であり、そして灰色は歴史的にオーストラリア諸語の範囲であった。

パプア諸語 (: Papuan Languages) は、ニューギニア島パプアニューギニアインドネシア)およびティモール島など周辺の島々に分布する、オーストロネシア語族でもオーストラリア諸語(オーストラリア・アボリジニ諸語)でもない諸言語の総称。パプア・北ハルマヘラ諸語ともいう。ISO 639-2では、「その他のパプア諸語」に3文字コードppaが割り当てられている。

系統関係は立証できていないので、1つの語族ではなく、単に「諸語」と呼ばれる。系統関係が立証できる範囲で、数十の語族が提唱されており、最大のものはトランスニューギニア語族英語版である。

分布[編集]

主にニューギニア島。東へは、ビスマルク諸島ソロモン諸島、西へは、ハルマヘラ島ティモール島アロル諸島メリヤム・ミル語英語版だけがオーストラリアトレス海峡諸島東部)に分布。

約800の言語を、460万人が話している。

特徴[編集]

共通基礎語彙がないため系統関係は立証できないが、文法には多少の共通点がある。

語順はSOV。SOVのアウストロネシア語族、VSOのオーストラリア諸語と異なる。

動詞は複雑に格変化する。

主要言語[編集]

4言語だけが話者人口10万人に達する。4つともニューギニア島で話され、トランスニューギニア語族に属する。

分類[編集]

分類は流動的。Ross (2005) にもとづく。数字は言語数。

セピク語族英語版(赤)
トレス海峡諸島の東部(橙色以外)はメリヤム・ミル語

※以前はトランスニューギニア語族に分類されていた

そのほか、数十の孤立した言語がある。

参考文献[編集]

  • Malcom Ross (2005). "Pronouns as a preliminary diagnostic for grouping Papuan languages." In: Andrew Pawley, Robert Attenborough, Robin Hide and Jack Golson, eds, Papuan pasts: cultural, linguistic and biological histories of Papuan-speaking peoples, 15-66. Canberra: Pacific Linguistics. ISBN 0-858-83562-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]