ドラヴィダ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラヴィダ語族の分布

ドラヴィダ語族(ドラヴィダごぞく、達羅毗荼語族、Dravidian)は、主にドラヴィダ人と総称される人々が使用する言語語族 (ごぞく) であり、およそ26の言語が含まれる。ドラヴィダ語は、主として南インドスリランカで話されているが、また、パキスタンネパール、そして東部及び中央インドの特定の地域でも話されている。 ドラヴィダ語族の話者人口は 2億人を越える。

歴史[編集]

ドラヴィダ語の起源は、後続する言語の展開及びその分化の時代と共に分かっていない。この状態は、ドラヴィダ諸語に対する比較言語学的研究が欠如しているため、改善されていない。ドラヴィダ語と、ウラル語及びアルタイ語の間には、著しい類似性が存在し、このことは両者が共通の起源よりの派生であるとは言えないにしても、これらの語族のあいだで、展開のある段階において、長期間に渡る接触が存在したことを示唆する[要出典]

ドラヴィダ語を話す人々の集団に共通する多数の伝説は、遙か南方の、いまは沈んだ、広大な大陸が彼らの故郷であると述べている[要出典]。しかし多くの言語学者は、南部ドラヴィダ諸語が、北部ドラヴィダ諸語が接触していない言語集団と接触したことを表すある種の特徴を示すという事実より、ドラヴィダ語話者たちが、インド亜大陸を横ぎって、南方に、そして東方に広がったとする理論を支持する傾向にある。原ドラヴィダ語(Proto-Dravidian)は、紀元前1500年頃に、原北部ドラヴィダ語、原中央ドラヴィダ語、そして原南部ドラヴィダ語に分化した、と主張する言語学者たちが存在する。多くの言語学者たちは、この語族の亜派(sub-family)のあいだに見られる分化の大きさは、分裂がより古い時代に起こったことを示していると考えている。

ドラヴィダ語族の存在は、1816年に、『テルーグー語(Teloogoo Language)の文法』において、著者アレグザンダー・D・キャンベル(Alexander D. Campbell)によって最初に示唆された。この著作のなかで、キャンベルとフランシス・W・エリス(Francis W. Ellis)は、タミル語テルグ語は、印欧語ではない、共通の祖語から派生したと主張した。とはいえ、ドラヴィダ語族が非常に大きな語族であるということが確認されたのは、1856年に、ロバート・コールドウェル(Robert Caldwell)が、著書『ドラヴィダまたは南インド語族の比較文法』を出版して以降のことだった。この本は、ドラヴィダ語の包括範囲を著しく拡張し、この語族を世界における有数の大言語群の一つとして確立した。コールドウェルは、「ドラヴィダ語(Dravidian)」という術語を、紀元7世紀サンスクリット語のテクストにおいて、南インドの諸言語を指すのに使われていた「 drāvida 」という言葉より造語した。T・バロー(T. Burrow)とM・B・エメノー(M. B. Emeneau)による『ドラヴィダ語語源辞典』の出版は、ドラヴィダ語学における画期的な出来事であった。

他の言語との関係[編集]

ドラヴィダ語族は、既知の他の語族との間で関係が認められない。この語族を、日本諸語(Japonic languages,日本語族)、バスク語朝鮮語シュメール語オーストラリア・アボリジニ諸語、そしてインダス文明で使用されていた未知の言語と関連付けようとする試みが行われてきたが、結論が出ていない。 一部の研究者は、ドラヴィダ語を、より大きな分類としてのエラム=ドラヴィダ語族英語版(Elamo-Dravidian language family)のなかに含めている。後者は、現在の南西イランに当たる領域で使われていた古代エラム語をドラヴィダ語に加えた語族である。しかし、このような分類は、大多数のドラヴィダ語研究者には受け入れられていない。

ドラヴィダ語の一覧[編集]

日本語での言語名を最初に示し、インドの公用語の一覧である言語はボールド体で示している。括弧内は、その言語が使用する文字による表記、その文字のローマ字転写、英語名を順に示している。但し、不明なものについては記していない。

南部ドラヴィダ語派[編集]

中南部ドラヴィダ語派[編集]

中部ドラヴィダ語派[編集]

北部ドラヴィダ語派[編集]

以上の諸言語のうち、インドおよびスリ・ランカ外に中心地をもつ言語は、ブラーフーイー語のみである。

音韻体系[編集]

ドラヴィダ語は、フィンランド語と似て、有声閉鎖音無声閉鎖音のあいだに区別がないことが特徴であり、実際タミル語には、有声閉鎖音と無声閉鎖音とを区別して示す記号がない。またタミル語には、帯気閉鎖音と無気閉鎖音とを区別して示す記号もない。ドラヴィダ諸語(とりわけ、マラヤラム語カンナダ語、そしてテルグ語)は、有声音と無声音、および帯気音と無気音のあいだで明瞭な区別を行うサンスクリット語やその他の印欧語から非常に多数の借用語を取り込んでいる一方で、このような単語はしばしばドラヴィダ諸語の話者によって、ドラヴィダ語族の音韻に合うような調整を受けた発音をされている。(但し上記の三言語ではタミル語と違い、本来ドラヴィダ語にはない帯気閉鎖音と無気閉鎖音の区別をサンスクリットなどを通じて受け入れた。)ドラヴィダ語はまた、非常に多数の流音に加え、歯間、歯茎、反転音硬口蓋という三通りの調音点のあいだの区別で特徴付けられる。

逆転特質[編集]

ドラヴィダ語の単語は、子音の順序を逆にし、適切な母音の変形定義集合を当て嵌めることで、類似した意味を持つ、新しい単語が得られるという特質を備えている。時間の経過と共に、ある形式が一般的な転用のケースを表すようになり、他の形式は、特殊なケースを表すというようになった。

例えば:

  • Erasu (集まる) と sEru (加わる)
  • kaNu (見る) と iNuku (覗く)
  • atta (屋根裏) は、それ自身逆転語である。

母音で始まる単語[編集]

相当数の単語がまた、母音で始まり、母音で終わる。これによって、ドラヴィダ語の膠着的な性質が補強している。

aLu(叫ぶ), elumbu(骨), adu(あれ・それ), alli(あそこに・そこに), idu(これ), illai(ない, 不在)
adu-idil-illai (あれ-これ-に-ない = あれは、これには、ない

他言語の影響[編集]

カンナダ語マラヤラム語及びテルグ語は、印欧語インド・アーリア語派に属するサンスクリット語などの言語の影響を相対的により大きく受けており、帯気子音を借用し取り入れている。サンスクリット語の単語とその派生語は、カンナダ語、マラヤラム語、そしてテルグ語では共通している。タミル語は、サンスクリット語やその他の外来言語の影響がもっとも少なく、原ドラヴィダ語にもっとも近い形を保持している。

また北インドイスラーム化やインド洋でのイスラーム商人の活動により、北インドの諸言語ほどではないもののアラビア語ペルシア語サンスクリット語に続く新たな上層としてドラヴィダ諸語の上にかぶさった。これらの要素にはヒンドゥスターニー語などの近代北インド諸語を仲介に導入されたものと、インド洋交易を通じて直接導入されたものがある。

とはいえこれらの影響はサンスクリットによるものに比べれば軽微であり、ヒンドゥスターニー語をはじめとする北インドの諸言語ではアラビア語ペルシア語の上層によって廃棄されたサンスクリット由来の語彙が、却ってこれらのサンスクリットの影響を強く受けたドラヴィダ諸語に残っているというねじれ現象も少なくない。

南インドの文字が伝わり北インドへ文字をもたらしたと考えられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Bhadriraju Krishnamurti 『The Dravidian Languages(ドラヴィダ語)』 Cambridge University Press 2003年 :ISBN 0521771110
  • バロー、エメノー著 田中孝顕監修『オックスフォード/ドラヴィダ語語源辞典』きこ書房2006年 :ISBN 978-4877716158
  • Robert Caldwell 『A comparative grammar of the Dravidian or South-Indian family of languages(ドラヴィダまたは南インド語族の比較文法)』 改訂第三版 J.L. Wyatt, T. Ramakrishna Pillai 編集  New Delhi : Asian Educational Services 1998年 :ISBN 8120601173
  • A. D. Campbell 『A grammar of the Teloogoo language, commonly termed the Gentoo, peculiar to the Hindoos inhabiting the northeastern provinces of the Indian peninsula(テルーグ語の文法)』 第三版 Madras Printed at the Hindu Press 1849年

外部リンク[編集]