ハイダ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパ化される前のハイダ語の分布図

ハイダ語は、カナダブリティッシュコロンビア州クイーンシャーロット諸島アメリカ合衆国アラスカ州プリンスオブウェールズ島に住む、ハイダ族の固有言語。母語話者は3集落に住む数十人に減少しており消滅が危惧されるが、若い世代への教育の試みもされている。

系統[編集]

文法的に似ていることから、エドワード・サピアはハイダ語をナ・デネ語族に含めた。しかしその後の研究により孤立言語とするのが定説となっている。2008年に、ナ・デネ語族とシベリアのケット語(エニセイ語族)を同系とする研究が発表され有力視されているが、この研究でもハイダ語を同系とする証拠は見出されていない[1][2]

方言[編集]

ハイダ語は大きく南・北の両方言に分けられる。北部方言はさらにアラスカ方言とマセット(Masset)方言に分けられる。南部方言にはスキドゲート(Skidegate)方言および既に消滅したニンスティンツ(Ninstints)方言に分けられる。

音韻[編集]

母音は、方言により違うが長短の区別を含めて7ないし10種類ある。子音帯気音放出音声門化音などを含み30種類以上ある。音節構造は、単母音の前後に単数または複数の子音がつく構造を基本とする。声調または高低アクセントがあり、語の弁別にはあまり重要でないが語形変化に影響する場合がある。

文法[編集]

文の構造は語順代名詞表示、後置詞などで成り立ち、動詞は必ず文末に来る。語順はSOVが一般的だが、主語Sが目的語Oよりも「上位」(例えば動物に対して人間、無生物に対して動物、さらに社会的地位など)であればOSVでも表現できる(逆行形を参照)。

名詞・格による変化や動詞の人称・数による一致はないが、動詞に主語・目的語を表す接語形代名詞、また動詞の種類によっては目的語などの数量類別を表す接頭辞がつく場合がある。動詞にはさらに多数の接辞または接語(多くは動詞の後)がついて文法的機能や派生(手段を表す接頭辞、方向・場所を表す接尾辞など)を表す。

動詞には現在・過去・推量の3つの基本活用形があり、これに上記のような接辞・接語がつく。過去でも直接的経験によらない場合は推量形を用い、未来時制は現在形に接尾辞をつけて表す。形容詞は動詞と区別がなく、また「男である」など人間の種類や、「~個ある」などの数量表現にも動詞が用いられる。代名詞には主(動作主)格と目的(被動者)格の区別があり、一人称二人称には単数と複数があり、それぞれ独立形と動詞などに接尾する接語形がある。ハイダ語は活格言語と考えられ、自動詞では種類により主語が他動詞の目的語と同じ格(被動者)を取る場合も多い。接語形代名詞は名詞の所有などの表現にも用いられる。類別接頭辞は数百種類に上り、名詞、数量詞や一部の動詞に接続する。

他に定冠詞部分冠詞に相当する接尾辞がある。助詞に相当する接語として、後置詞(格助詞に相当)のほかに、副助詞に相当するものがあり、話題標識も含む。

出典[編集]

  1. ^ Vajda, Edward (2008). A Siberian Link with Na-Dene Languages.
  2. ^ Dene-Yeniseic Symposium, Alaska Native Language Center, University of Alaska, Fairbanks.
  • 言語学大辞典(三省堂)