アメリカ州の先住民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「南北アメリカ州の先住民」の総覧肖像画(1904年)

アメリカ州の先住民(アメリカしゅうのせんじゅうみんぞく、カナダ英語: First Nations、アメリカ英語: Native Americansスペイン語: Indígenas de Américaポルトガル語: Índio, indígena)は、ヴァイキングクリストファー・コロンブスによるアメリカ本土への到達以前からアメリカ州に住んでいる諸民族を指す。

概要[編集]

「アメリカ州の先住民族」には、「インディアンインディオ」と「エスキモー・アレウト人エスキモーアレウト)」、「ハワイ原住民」がいる。またアメリカ州ではないが、アメリカ合衆国チリが領有する太平洋の島々には「アウストロネシア人ポリネシア人チャモロ人トンガ人ミクロネシア人など)」がいる[1]

なかでもエスキモーやアレウト族、太平洋諸島民を除くアメリカ本土の民族を、北米ではインディアンまたはインディオと呼ぶ。ただし日本語では、「インディアン」は北米本土の先住民、「インディオ」は中南米の先住民をさすことが多い。現代では白人種や黒人種、アジア人種等との混血が進んでいる。

インディアンやエスキモー、アレウトの場合、アメリカ連邦政府が「インディアン部族」、「エスキモー部族」、「アレウト」として認める部族のみが、アメリカ内務省の指定保留(reserve)した保留地(Reservation)を領有している。内務省が条約関係を打ち切り「絶滅部族」として認定しない部族は、保留地を持てず、各州に散って暮らしている。カナダ連邦におけるインディアン、イヌイットも同様である。

インディアンとその言い換えについてはインディアンの項を参照。インディオとその言い換えについてはインディオの項を参照。

起源[編集]

インディアン/インディオもエスキモー・アレウトも、人種的にはモンゴロイドであり、遺伝的には東アジアの諸民族に最も近い。

インディアン/インディオの祖先は、約2万5000年前にシベリアに進出したモンゴロイドである。当時は最終氷期の最盛期で、現在のベーリング海は陸地のベーリンジアになっており、ユーラシア大陸からアラスカに歩いて移民できた。ベーリング海峡が海に戻った1万4000年前より前に、彼らはアラスカまで進出したはずだが、考古学的証拠は乏しく正確な時期は特定できない。

最終氷期の最盛期にはカナダは分厚い氷床に閉ざされていたが、最終氷期末期に地球が温暖化し氷床が縮小すると、カナダ中部・東部のローレンタイド氷床と西部のロッキー氷床との間に「無氷回廊」ができ、南下できるようになった。約1万3500年前、古モンゴロイドはカナダを超えアメリカ合衆国本土へ渡り、クローヴィス文化の担い手のパレオインディアンとなった。彼らがインディアン/インディオの直接の祖先であり、1000年で南米南端まで広がった。

ただし論争はあるものの、クローヴィス以前の可能性がある遺跡がいくつか見つかっており、パレオインディアン以前の住民がいた可能性が高い。インディアン/インディオの遺伝的多様性はクローヴィスより古い起源を示唆しており、彼らがインディアン/インディオの祖先の一部となった可能性もある。

エスキモー・アレウトの祖先は、比較的最近にシベリアに進出し、寒冷な気候に適応して進化した新モンゴロイドである。彼らがアメリカへ渡ったのは、ベーリング海峡が海に戻ったのちの約1万年前である。

このインディアンをアジア人の末裔とする白人主導の民族移動説は、インディアン民族からは歓迎されておらず、反発も強い。彼らの神話伝説はいずれも「亀の島」(アメリカ大陸のこと)が水の中から隆起した時に、その中心から現れた人類の祖先こそインディアンであると伝えているのである[2]

アメリカ先住民の分類: アメリカ合衆国とカナダ[編集]

北米での地理的分類

アメリカ合衆国およびカナダの在来の民族を、アメリカ合衆国の領有する太平洋諸島の民族を無視して、共有される文化的特性を備えた10の地理的な地方に分類するのが一般の民族史学者の見解であったが、現在は太平洋諸島民を含む11の地理的分類が通例となっている。

北極のエスキモー、イヌイット、アレウト[編集]

亜北極のエスキモー、インディアン、イヌイット[編集]

カリフォルニアのインディアン[編集]

東部森林地帯のインディアン[編集]

伝統衣装をまとったアベナキ族男性

グレートベースン(盆地)のインディアン[編集]

北西高原地帯のインディアン[編集]

北西太平洋岸のインディアン[編集]

大平原地帯のインディアン[編集]

伝統衣装をまとったスー族の戦士、ジトカラ・サ(19世紀の撮影)

南東部のインディアン[編集]

南西部のインディアン[編集]

太平洋諸島のポリネシアン、チャモロ、トンガン、ミクロネシアン[編集]

ハワイ最後の王、リリウオカラニ女王
グアムの英雄ガダオの像

ハワイ州以外はアメリカ合衆国の州ではなく、アメリカ合衆国の海外領土であることに注意。

アメリカ先住民の分類:中南米[編集]

中南米の先住民は、言語、環境及び文化的類似性によって分類するのが一般的である。

カリブ・インディアン[編集]

中米のインディアン・インディオ[編集]

メキシコ・インディアン初の大統領、ベニート・フアレスサポテカ族
エクアドルのオタヴァレノ族の少女

アンデスのインディオ[編集]

ケチュア族の女性

サブアンデスのインディオ[編集]

アマゾン川流域西部のインディオ[編集]

ヤノマミ族の子供

アマゾン川流域中央部のインディオ[編集]

ブラジル、カイアポ族の酋長たち

アマゾン川流域東部及び南部のインディオ[編集]

南米大陸南部・パンパのインディオ[編集]

  • マプーチェ Mapuche
  • チャルーア Charrua
  • プエーチェ Puelche
  • テェフエーチェ Tehuelche
  • ヤマナ Yamana
  • カウェシュカー Kaweshkar
  • セークナム Selknam

言語[編集]

エスキモー・アレウトの言語は1つの語族エスキモー・アレウト語族を構成する。インディアン/インディオの言語は非常に多様であり、分類が進んでいない。

その他、孤立した言語も多数ある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカ内務省BIA公式規定より
  2. ^ 『太ったインディアンの警告』(エリコ・ロウ、NHK出版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]